決勝点をアシストしたFC東京DF太田宏介

写真拡大

[9.16 J1第26節 FC東京1-0仙台 味の素]

 左足から蹴り出されたボールが美しい軌道を描いてゴール前へと向かう。FC東京DF太田宏介は「試合前から話していた」と狙い通りのボールを供給して決勝点を導いた。

 前節C大阪戦後に篠田善之監督が解任され、この日の仙台戦が安間貴義新監督の初戦となったFC東京。太田も「今日の試合で気迫がなければ、プロ失格だと思う」と試合に臨み、持ち場となる左サイドで激しい上下動を続けて攻守に奮闘した。そして、幾度となく好機を生み出していた左足で後半22分に、この日唯一生まれたゴールを演出する。

 左CKの好機を得ると、キッカーに向かったのは太田。「今日に関しては(チャン・)ヒョンスから、『ニアに走るので狙ってくれ』と試合前から言われていた」と左足からニアサイドを狙ったボールを届けると、走り込んだDFチャン・ヒョンスが鮮やかなヘディングシュートでネットを揺らした。

「良いボールさえ上げれば、ヒョンスは競り勝つ力がある。それを信じて蹴ったし、すごくきれいに決まったゴールなので良かった」。仲間を信じて送った正確なボールから、決勝点となるゴールが生まれた。

 公式戦5連敗と厳しい状況だったが、新監督就任後の初戦で何よりも欲していた白星を獲得。チームメイト、そしてサポーターと喜びを分かち合い、「試合後にあれだけ雰囲気が良かったのも久し振りに感じられた」と白い歯を見せると、「今日勝つのと、負けるのとでは全然違った。勝ってリスタートできて本当に良かったし、マジでホッとしました」と胸をなで下ろした。

(取材・文 折戸岳彦)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

●[J1]第26節1日目 スコア速報