<BMW選手権 3日目◇16日◇コンウェイ・ファームズGC(7,208ヤード・パー71)>
米国男子ツアー、フェデックスカップ・プレーオフシリーズ第3戦「BMW選手権」は、全選手が3日目のラウンドを終了。単独首位でスタートしたマーク・リーシュマン(オーストラリア)がスコアを3つ伸ばし、トータル19アンダーで独走している。

首位のリーシュマンとは14打差の2アンダー・47位タイからのスタートとなった松山英樹。“ムービング・サタデー”での巻き返しが期待されたが、1イーグル・4バーディ・5ボギーの“70”でホールアウト。スコアは1つ伸ばしたものの、トータル3アンダーの49位タイで、最終日のラウンドに進むことになった。
5打差の2位タイには、13アンダー・2位タイからスタートしたリッキー・ファウラー(米国)とジェイソン・デイ(オーストラリア)がそのまま並んでいる。そのほかでは、フェデックスランキング1位のジョーダン・スピース(米国)がトータル7アンダーで27位タイ、同2位のジャスティン・トーマス(米国)はトータル5アンダーで41位タイとなっている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

松山英樹が奮闘中!BMW選手権の最新順位はこちらでチェック!
【PGAツアー動画】47位タイの松山「明日はアンダーパーで回る」
【PGAツアー動画】リーシュマンが通算16アンダーで首位をキープ BMW選手権2日目ハイライト
<中間速報>石川遼、2バーディ・2ボギーでハーフターン【入れ替え戦第2戦3日目】
石川遼の米ツアー生き残りをかけた戦いの特集はこちらから