差別的かつ非科学的な詭弁を、アメリカ社会は長年かけて少しずつ駆逐してきたと語るモーリー氏

写真拡大

『週刊プレイボーイ』本誌で「モーリー・ロバートソンの挑発的ニッポン革命計画」を連載中の国際ジャーナリスト、モーリー・ロバートソンがアメリカでの白人至上主義と反対派について語る!

* * *

8月12日に米バージニア州シャーロッツビルで白人至上主義者らと反対派が衝突した事件は、直後にトランプ大統領が「彼ら(白人至上主義者たち)にも言い分がある」などと発言したこともあり、大きな波紋を呼びました。白人至上主義者たちに支持されているトランプ大統領の最側近、スティーブ・バノン首席戦略官ら複数の政権幹部が辞任するなど、今もその余波は続いています。

この白人至上主義者たちの集会「ユナイト・ザ・ライト」を主催したのは、ジェイソン・ケスラーという現地在住の男でした。ケスラーはもともと左派活動家でしたが、昨年秋に突如、トランプ支持に転向。その後は自身のブログに、シャーロッツビル市議会が南北戦争における南軍の英雄・リー将軍の銅像を撤去すると決定したことに反対するエントリを上げ続け、全米の白人至上主義者の支持を集めます。こうして一介のヘイトブロガーは英雄となり、デモや集会をオーガナイズするまでに出世したのです。

しかし、今回の事件で命を落とした反対派の女性に対し、ケスラーは死者を冒瀆(ぼうとく)するかのようなツイートをしてしまいます。後に発言を撤回したものの、“身内”である白人至上主義組織からも尻尾切りに遭い、あっという間にすべてを失う―なんとも哀れな結末でした。

一方、一連の騒動を引き起こした白人至上主義者らが集う老舗ネット掲示板『Stormfront(ストームフロント)』でも、彼らの“正統性”を根底から覆すような話題が持ち上がっています。

同掲示板ではメンバーの条件を「100%欧州系の白人(ユダヤ人を除く)」と規定しており、最近になってユーザーたちは「純血」を証明するべく率先して遺伝子検査を受けています。ところが、その結果に関する書き込みをある研究機関が調査したところ、本当に(彼らのいう)「純粋白人」だったユーザーはわずか3割程度だったというのです

考えてみれば当然のことですが、遺伝子検査レベルで「人種が混ざっていない」人など、多民族国家アメリカではもはや少数派。現代ではそもそも「純血」なるものに根差した議論自体が、厳密に調べれば調べるほど破綻(はたん)してしまう性質のものです。それでも彼らが白人優位の人種序列という“物語”にしがみつくのは、それにより自尊心が満たされるからにほかなりません。

こうした差別的かつ非科学的な詭弁(きべん)を、アメリカ社会は長年かけて少しずつ駆逐してきたのですが、そこにトランプという大統領が自らお墨付きを与えたおかげで、再びパンドラの箱が開いてしまったのでしょう

ただ、こうして外から冷静に見れば白人至上主義の“イタさ”は明白ですが、これが国内問題になったらどうでしょう。日本でも、すでに経済的・社会的なよりどころを失いつつある人々が、根拠なき日本礼賛(らいさん)物語や日本人優位論にしがみつく傾向が見えます(中国や朝鮮半島に関するニュースへの反応を見ればそれは明らかでしょう)。

崩壊寸前で踏みとどまろうとする自尊心の裏にある「差別の萌芽」―それが何かの拍子に拡大したとき、社会はそう簡単に止めるすべを持ちません。転げ落ちるアメリカを見ると、日本のそんな未来を想像せずにいられないのです。

●Morley Robertson(モーリー・ロバートソン)

1963年生まれ、米ニューヨーク出身。国際ジャーナリスト、ミュージシャン、ラジオDJなど多方面で活躍。フジテレビ系報道番組『ユアタイム』(月〜金曜深夜)にニュースコンシェルジュとしてレギュラー出演中。ほかにレギュラーは『ニュースザップ』(BSスカパー!)、『Morley Robertson Show』(block.fm)など