世界のエリートが 最も子どもに教えたいのは 「かわいげ」だった!

写真拡大

◎文法不要! 和訳不要! 書き取り不要! 
◎親は教えなくていい! 隣でただニコニコして座っているだけでいい!
◎「1日たった5分のらくらく単語暗記法」を楽しんでたら、小2で英検準2級合格! 地方公立からハーバード合格!
◎週1回、たった75分の授業で、大学入試レベルの単語帳を小学生が音読!
……こんな英語教室が、九州の大分駅近くにあるのをご存じだろうか?
英語教室を運営する傍ら、これまで4〜18歳の3000人の子どもたちに実証済。長女が大分県の公立小中高からハーバード大学、ジュリアード音楽院合格とありえない成果を出し続けている、廣津留真理氏の最新刊『英語で一流を育てる──小学生でも大学入試レベルがスラスラ読める家庭学習法』が発売早々第6刷となった。
今回、再現性重視の観点から、最新ハーバード生200名リサーチを敢行。衝撃の事実が判明したという。
セレブ家庭でない普通の家庭の大分県の子どもたちに、どうやって本当の英語力をつけているのか? 
一体全体、どんな「奇跡の勉強法」なのだろうか?

世界のエリートが身につけている
2つのコミュニケーションの基本とは?

 世界のエリート学生たちと接していると、つくづく小さい頃からのコミュニケーションの大切さを感じます。

 英語を学ぶお子さんに必要不可欠なのは、“2つのコミュニケーションの基本”です。

 1つ目は、「自己肯定感」。

 2つ目は、「かわいげ」です。

 自己肯定感については、拙著『英語で一流を育てる』にもたくさん書きました。
 あるがままの自分を受け入れ、自分が価値のある存在だと120%実感することが自己肯定感です。

 自己肯定感が高い人は、他人をおとしめるのではなく、プラス思考でよいところを探そうとします。

 これによるメリットは3つ。

1) どんな立場の違う相手ともコミュニケーションできる力が高まる。
2) 相手と意見が対立したら、食い違い部分だけを冷静に観察して、相手の人間性そのものを憎んだり嫌ったりせずにそのまま受け入れることができる。
3) 人のよいところを見抜く能力に長けているので、人と人とを次々と繋げることができ、人脈も信頼性も獲得できます。

「そのままのあなたでいいのです」
「がんばっているからあなたが好きなのではなく、あなたの存在そのものが大好きなのですよ」
 と、乳児の頃から言葉でも態度でもこう示し続けると、子どもはすくすくと育ちます。
 その後、小さな達成感の積み重ねが、その子を大きく成長させます。

 親子関係が自己肯定感に及ぼす影響は大変大きいので、ぜひ保護者のみなさまはお子さまをひたすらほめましょう。

 ほめるとは、何かができるから褒美としてかわいがることではありません。

 この世に生まれてきてくれた子どもの存在を120%認めて受け止めることです。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)