吉田先発復帰のサウサンプトン、監督交代のC・パレスにシャットアウト勝利《プレミアリーグ》

写真拡大

▽サウサンプトンは16日、プレミアリーグ第5節でクリスタル・パレスとのアウェイ戦に臨み、1-0で勝利した。サウサンプトンのDF吉田麻也はフル出場している。

▽前節代表戦の影響で出場機会のなかった吉田が先発に復帰し、ホードとセンターバックを組んだ一戦。

▽開幕4連敗を受けてフランク・デ・ブール監督を解任し、ホジソン監督を招へいしたC・パレスに対して、開始6分にサウサンプトンが先制する。タディッチがボックス右で仕掛けてゴールライン際からクロスを送り、GKが弾いたルーズボールをデイビスが押し込んだ。

▽幸先良く先制したサウサンプトンは16分にピンチ。ボックス右に侵入したロフタス=チークの折り返しをベンテケに合わせられるも、GKフォースターがファインセーブで阻止した。

▽続く30分にはロフタス=チークのミドルシュートでゴールを脅かされたが、わずかに枠を外れて助かった。ハーフタイムにかけてはボールを回して時間を使ったサウサンプトンが1点をリードしたまま前半を終えた。

▽迎えた後半、C・パレスの反撃をいなすサウサンプトンはペースを明け渡さない。自陣に引きながら対応し、吉田はベンテケに仕事をさせなかった。

▽終盤の87分にはこの夏に移籍を志願していたファン・ダイクが投入され、守備固めに入ったサウサンプトンがそのまま1点のリードを守り切って逃げ切り。今季2勝目を挙げている。