3日目の猛チャージは不発に終わった(撮影:GettyImages)

写真拡大

<BMW選手権 3日目◇16日◇コンウェイ・ファームズGC(7,208ヤード・パー71)>
2アンダー・47位タイから出た松山は、第3ラウンドを1イーグル・4バーディ・5ボギーの“70”でホールアウト。スコアを1つ伸ばすにとどまり、現時点でトータル3アンダーの50位タイとしている。
スイング解説】松山英樹、大きい体重移動を支える強靭な下半身
この日、スタートホールの1番パー4で1オンに成功し、素晴らしいイーグル発進を決めた松山。しかしその後、なかなかバーディチャンスをつかめず、前半を1イーグル・1ボギーで折り返す。後半に入っても10番でボギーを先行させる苦しいゴルフに。12番からの3連続バーディで流れに乗るかと思われたが、上がり3ホールで2つのボギーを叩いてホールアウト。期待された“ムービング・サタデー”での猛チャージは不発に終わった。
今のところ、2日目までトップを守っていたマーク・リーシュマン(オーストラリア)が、2ホール消化してトータル16アンダーの単独首位。3打差の2位タイから出たリッキー・ファウラー(米国)が、3ホール消化して1打差まで追い上げている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

松山英樹が参戦中!BMW選手権の最新順位はこちら
【PGAツアー動画】リーシュマンが通算16アンダーで首位をキープ BMW選手権2日目ハイライト
【PGAツアー動画】47位タイの松山「明日はアンダーパーで回る」
松山英樹がドライバーのエースシャフトを変更!
石川遼がPGAツアー生き残りをかけ挑む入れ替え戦の最新情報