「良いインパクト」「大きな助け」 決勝点呼び込むFK奪取の長友に伊メディア高評価

写真拡大

クロトーネ戦で先発のライバルが故障&低評価、長友の先発奪取に追い風

 インテルの日本代表DF長友佑都は、現地時間16日のリーグ第4節、敵地クロトーネ戦に、後半19分から途中出場を果たした。

 決勝点につながるFKを獲得するなど2-0勝利に貢献すると、現地メディアも「大きな助け」「良いインパクト」と高評価を与えられた。ポジションを争うDFダルベルトは負傷交代のうえに低評価という二重苦に直面しており、長友にとって先発奪還に追い風が吹いている。

 長友は試合直前にスタメン出場もあり得るとイタリアメディアでレポートされたが、結果的にベンチスタート。しかし、左サイドバックで出場したダルベルトが右太ももを痛めて交代し、後半19分からピッチに立った。

 0-0の状況が長く続いたインテルだが、後半35分に長友が左サイドをMFイバン・ペリシッチとのワンツーで攻略すると、ファウルを受けてFKを獲得。このプレーでDFミラン・シュクリニアルが先制点を奪い、これが決勝点になった。

 インテル専門のニュースサイト「FCインテルニュース」は、長友に6点の平均点を与えた。「ダルベルトとの違いは多くの試合を見なくても分かる。ペリシッチとの分かり合っている関係は、試合を動かす大きな助けになった」と称賛している。

ライバルに「割れそうな卵を持っているよう」

 一方で、ダルベルトに5点という落第点を与え、「割れそうな卵を持っているようにびくびくしている。攻撃では味方と関係なく一人で動く」と一刀両断。自信がないうえに、独善的なプレーが目立つと酷評されている。

 また、サッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」も長友に6点を与えた。 「試合に正しく入ってチームにメリットを作った。日本人サイドバックはダイアゴナルな動きでペリシッチと良いコンビ」と、こちらも左サイドでの良好な関係を称賛している。

 こちらもダルベルトは5.5点と長友より低評価だった。「彼のサイドに懸念すべきことはあまりないが、ほとんど、あるいは全く前への圧力を掛けない」と攻撃面での貢献度が不足と指摘している。

 同様にサッカー専門サイト「トゥットメルカートウェブ・コム」も、長友に6点評価。「ゲームに良いインパクトを与えた」とした一方で、ダルベルトには5点で「特に攻撃面で臆病なパフォーマンス」と断罪している。

移籍金26億円ダルベルトとの争いは熾烈

 長友は開幕2試合でスタメン出場したものの、この試合を含め2試合連続ベンチスタートとなり、今季ニースから2000万ユーロ(約26億円)の移籍金で加入したダルベルトと激しくレギュラーを争っている。

 しかし、この日の長友はパフォーマンスでライバルを上回り、勝利につながるプレーも披露。さらにライバルは負傷を訴える状況と、レギュラー確保には追い風が吹いた。このチャンスをしっかりとものにしていきたいところだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images