ヘタフェMF柴崎岳(写真は8月27日のもの)

写真拡大

[9.16 リーガ・エスパニョーラ第4節 ヘタフェ - バルセロナ]

 リーガ・エスパニョーラ第4節2日目が16日に開催され、MF柴崎岳が所属するヘタフェがバルセロナをホームに迎えた。

 4試合連続先発出場を果たした柴崎が、スコアレスで進んだ前半39分に衝撃のゴールを叩き込む。後方からDFダミアン・スアレスがゴール前に送ったロングボールをMFマルケル・ベルガラが体を張って落とすと、浮き球のボールに柴崎が反応。PA外から左足ダイレクトで合わせた強烈なシュートは、鮮やかな軌道を描いてゴールネットに突き刺さった。この得点は、柴崎にとってリーガ1部初ゴールとなった。

 開幕3試合完封を続けていたバルセロナにとっては、今季リーガ初失点。なお、試合は前半が終了しており、1-0とヘタフェがリードを奪っている。


●海外組ガイド

●リーガ・エスパニョーラ2017-18特集