日曜にナポリとダービー、ベネヴェントって知ってる??

写真拡大 (全3枚)

ここのところセリエAを戦うチームに見慣れない顔が目立つ。昨シーズン、史上初めてセリエAを戦ったクロトーネに続いて今季はベネヴェントが初めてセリエAの舞台を戦っている。

今回は今季昇格したベネヴェントを紹介しよう。

初のセリエAを戦う魔女の町

ベネヴェントはカンパニア州の山間にある小さな町だがかつてエジプトの女神イシスを信仰しキリスト教への改宗が遅れた。そのために街には“魔女伝説”が残る。人を幸せにする魔法を使うという言い伝えだ。

おらが街のチームであるベネヴェント・カルチョは1929年の設立と歴史があるが、決して規模は大きくない。そのためセリエCレベルでのプレーがほとんどであったが、2015-16シーズンにセリエB昇格を決めると、昨シーズンは5位で終えプレーオフの末にセリエA進出を決めた。史上初となる2シーズン連続での昇格を果たし、セリエAの晴れ舞台に乗り込んだ、凄いシンデレラストーリーとなっている。

カンパニア州に本拠地を構え、州都にあるナポリとはカンパニア・ダービーを戦う。ベネヴェントはその北東に位置する。今シーズンは、9月17日の日曜にアウェーで激突する予定となっている。

ダービーといっても忌み嫌いあう仲ではない。『OttoPagine』によると「何年もの間友情に結ばれた2チームのお祝い」「北部の強い力がほぼ常に勝つシーンで地域を再確認する」と“南部”同士のチームがセリエAで戦うことを誉れとしたような論調をおこなっている。

とはいえ、ナポリ側もアウェーの席がベネヴェントのサポーターで埋まることを危惧し、座席の追加販売は行わずアウェー側は少ない席数となっている。ナポリのチームカラーが水色と白なのに対して、ベネヴェントの黄色と赤はいかにも南部なチーム、でレッチェなどを彷彿とさせる。

しかしベネヴェントは今季開幕から苦戦。プレシーズンのコッパ・イタリア3回戦でセリエBのペルージャに0-4と大敗を喫すると、開幕からこれまで3連敗の最下位と苦しいスタートになっている。

イタリアのジャーナリストであるロベルト・ベッカンティーニは開幕前の予想としてベネヴェントが最下位、ユヴェントスが優勝すると宣言していた。その予測通り、最下位での進行、得点はわずか1と苦しい状況だ。しかし、それでも何とか一泡吹かせてほしいところだ。

昇格の立役者バローニ監督

チームをまとめあげるのが元U-21イタリア代表歴を持つマルコ・バローニ監督だ。かつてレッチェやナポリといった南部のチームでプレーした経験のあるバローニは、引退後シエナやユヴェントスのプリマヴェーラを指揮、2016年よりベネヴェントを率いると1シーズンでセリエA昇格を勝ち取った。

ユヴェントスにいたということもあってか、昇格の際にはアントニオ・コンテ現チェルシー監督と電話で話して報告をしたといい、今も友人関係にある。

10番チチレッティ

チームのメンバーは若く経験が乏しいイタリア人が中心となっている。現在チームで唯一の得点をあげているのが10番のアマート・チチレッティだ。ローマ・プリマヴェーラ出身で170cmと小柄なフォワードだが、イタリアU-18、U-19代表経験を持ち、昨シーズンは6ゴールをあげた。

俊敏で技術がある左利きで、右サイドから切れ込んでいきシュートを放つのが得意。ローンで在籍していたメッシーナ時代に先輩フランチェスコ・トッティを真似して自画撮りゴールパフォーマンスを行ったことでも知られている。

このように細かいところを見ていくと、セリエAの新顔ベネヴェントも見逃せない存在だ。試合を見る機会があれば是非注目してもらいたい。