インテルがクロトーネに勝利【写真:Getty Images】

写真拡大

【クロトーネ 0-2 インテル セリエA第4節】

 イタリア・セリエA第4節が現地時間の16日に行われ、インテルはアウェイでクロトーネと対戦した。

 開幕3連勝と順調に白星を重ねてきたインテルだが、前半は苦戦を強いられる。ボール保持率で上回りながらもチャンスに繋げられず、前半を無得点で終えた。

 クロトーネの決定機をGKハンダノビッチの好守で辛うじてしのぐ場面もあったインテルは、前節に続いて左サイドバックの先発に起用された新戦力ダウベールが後半に負傷。プレー続行不可能となり、64分に長友佑都が代役として送り出された。

 82分にはその長友が左サイドの深い位置で倒されてフリーキックを獲得。ジョアン・マリオがゴール前に入れたボールを受けたシュクリニアルが反転からのシュートを蹴り込み、ついにインテルが均衡を破ることに成功する。

 さらに後半アディショナルタイムに入ったところで、ジョアン・マリオのアシストからペリシッチが追加点。インテルは開幕からの連勝を4に伸ばし、同じく3連勝中だったユベントスとナポリの結果を待つことになった。

【得点者】
82分 0-1 シュクリニアル(インテル)
90+2分 0-2 ペリシッチ(インテル)

text by 編集部