好調・すみだの連勝を「6」でストップ! 3ゴールで競り勝った浦安が連勝を飾る《DUARIG Fリーグ》

写真拡大 (全2枚)

▽16日にDUARIG Fリーグ2017/2018第16節の2試合が行われた。

▽シュライカー大阪vsデウソン神戸の“関西ダービー”は5-4と打ち合いの末に大阪が勝利。バルドラール浦安vsフウガドールすみだの“関東ダービー”は3-1で浦安が勝利している。

◆シュライカー大阪vsデウソン神戸

▽岸和田市総合体育館で行われた今季2度目の“関西ダービー”は、1分にFP相井忍、4分にFKからFPアルトゥールがネットを揺らすなど、大阪が先行する。しかし神戸も前半終了間際にFP川那部遼が1点を返した。後半もお互いに点を奪い合い、1点ずつを加えて迎えた24分に森洸のゴールで神戸が3-3と同点にする。さらに31分、FP稲田瑞穂が逆転ゴールを奪った。ところが大阪もすぐさま反撃に移ると、35分にFP佐藤亮が同点ゴールを奪取。すると37分にはFPヴィニシウスが勝ち越しゴールを奪い、スコアは5-4となる。終盤は神戸が猛攻を見せるが及ばず。白熱の関西ダービーは大阪に軍配が上がった。

◆バルドラール浦安vsフウガドールすみだ
(C)CWS Brains,LTD.
▽浦安市総合体育館で行われた関東ダービーは、立ち上がりからホームの浦安が日本代表に招集されているGK矢澤大夢、FP田村佳翔、FP清水和也といった一部主力選手を欠くすみだを押し込む展開となる。すると16分、左CKをボックス手前右で受けたFP野村啓介がゴールネットに突き刺して浦安が先制する。1-0で試合を折り返すと、浦安が30分にFPディドゥダが強烈なFKを叩き込んですみだを引き離す。しかし、すみだは直後、PKを獲得。これをFP大薗諒がきっちりと決めて1点差に詰め寄る。それでも終盤の38分、FP野村啓介がこの日2点目となるダメ押しゴールを決めて試合終了。3ゴールを奪った浦安が連勝を飾ってすみだの連勝を「6」でストップさせた。