グラビアデビューを飾った昨年、ショートカットにイメチェンして臨んだ2ndDVD『Re-Born』がAmazonのアイドルDVDランキングで3週連続1位を記録し、一躍グラドルシーンに浮上した現役女子大生グラドルの忍野さら。

清楚な顔立ちからは想像もつかないGカップのバストにクビレたウエストラインというパーフェクトボディ-が魅力で、今やグラドルファンの視線を一身に集めている。そんな彼女が初めての写真集『さらら』(ワニブックス)を発売。その発売記念イベントが16日、東京・新宿のブックファースト新宿店で行われ、イベント前に報道陣の取材に応じた。

「いつもは淡い色の水着だったりワンピースが多いんですけど、今日は初めての写真集のイベントということで、派手な色のワンピースにしてみました♪」とファッション解説でスタートしたイベント取材。残念ながら水着姿ではなかったものの、さすがにGカップだとワンピースから胸の膨らみが目立ち、前屈みになって胸の谷間を強調して報道陣を悩殺していた。

そんな彼女の初めてとなる同写真集は、7月に初めて訪れたというハワイでロケを敢行。「初日は時差ボケが大変でした」と苦笑いを浮かべるも、「撮影前から気合を入れたので、完成した写真集を見た時は大満足の仕上がりでした」と自信を見せた。

「いつものグラビアの撮影では、ついつい食べ過ぎちゃうんですが、今回はお菓子とか小さいモノしか食べなかったので、ストイックに頑張りました」と忍野。全体的なテーマとしては「元気にセクシー」だそうで、「前半は元気でハワイを楽しんでいる感じ、後半になって一気にセクシー度が増していきます」と説明した。

気になるセクシーなショットについて「今回初めて手ブラに挑戦したんですが、水着を外して片手で水着を持ち、もう片方の手で胸を押さえてビーチを全速力で走ったんです。本当にヒヤヒヤモノで、大丈夫かと心配になっちゃいました。水着もズレるしポロリも結構したと思いますよ(笑)」と手ブラ推しだとか。ベッドの上でも手ブラを披露したようで、「上の水着を外して手ブラになりました。恥ずかしさはありましたが、自分的には頑張りました。今回の写真集は今まで撮ったグラビアの中でも1番セクシーだと思いますよ」とセクシーアピールも忘れなかった。

グラビアデビューしたての頃は、写真集を出すことが目標だった忍野。次なる目標として「正直もっと注目されたいので、どんどんテレビに出たいですね」と意気込んだ忍野は、17日にずっと出たかったという「サンデー・ジャポン」(TBS系)に出演する。ただの告知かと思いきや、そこには涙ぐましい彼女の知られざるエピソードがあった。「グラビアを半分認めてくれない父が、「サンデー・ジャポン」に出れば認めると言ってくれたんです。そんな父に「サンデー・ジャポン」に出演すると報告したら、すごく喜んでくれました」とこの日1番の笑顔を見せるなど、親孝行の一面を覗かせていた。