もはやスマホはカメラ同然。写真機能のレベルがどんどん上がり、スマホで写真を楽しむことが当り前のように。そんななかで、思うように写真が撮れないと悩んでいる人もいます。SNSなどにアップして「いいね!」を増やすにはどうすればいいのでしょうか?そこで写真教室を主宰する西村りつ子さんに、「いいね!」が増えるスマホカメラ術を教えてもらいました。


3つの基本テクニックでスマホ写真をインスタ映えさせる!

今回西村さんが教えてくれたのは「明るさ」「ぼかし」「ズーム」について。基本テクニックをマスターして、インスタ映えする写真をたくさん撮りましょう!●テクニック1:明るさを変えてみる

写真は明るさを変えるだけで、雰囲気がグッとアップします。意外と知られていませんが、明るさは、撮影したあとからでも調節することができるのです。スマホのアルバムにも写真編集機能はついていますし、人気のインスタグラムやそのほかのさまざまなアプリでも変更できるので、ぜひ試してほしいテクです。


実際に明るさの効果を確かめてみましょう。写真を明るくすると…。
華やかなイメージに変化します。


今度は別の写真を暗くすると…


重厚な高級感のあるイメージに。

見本写真は、アプリにより背景にぼかし加工も入れていますが、見せたいイメージに合わせて明るさを調整するだけで、写真の雰囲気が違って見えるのをわかってもらえたと思います。●テクニック2:背景をぼかす

スマホによっては、背景をぼかせる機能がついているものもあります。そうでないスマホを持っている人は、アプリを使ってみるのも手です。
背景をぼかすと主役が引き立ち、見ている人により伝わる写真になります。【before】


before【after】


afterぼかし加工をしやすい写真を撮る、ということも大切です。見本写真のように、主役を一歩手前に置くイメージで撮っておくと、自然な雰囲気にぼかしを入れることができます。【before】


【after】


またこの写真のように、斜め上から撮影し、下をぼかすというやり方もあります。このときの主役は、シャーベットとミントです。●テクニック3:ズームを使いこなす

スマホカメラの特徴として、手前のものが大きく写り、奥に行くほど小さく写るという現象があります。また、スマホカメラは広角(広く)に写りますので、テーブルフォトや室内写真を撮ろうとすると、写ってほしくない場所まで写してしまいます。


たとえばこちらの写真ですが、だいたい同じサイズのビンを並べたのにも関わらず、手前の瓶が大きく、奥に行くほど小さく写っています。手前のビン単体についても、上が大きく、下に行くほどすぼまって写っています。寄って撮ることで、目で見た形とは少し違って写ってしまうのが、スマホカメラの特徴です。そして、小さなテーブルで撮影しているため、テーブルの端が写ってしまっています。この現象を軽減させるのが、ズーム機能です。


ズーム機能を使い、撮った写真です。先ほどの写真と比べ、ビンの大きさがそろっていて、形も歪まず撮れています。また、机の端も写らず、テーブルの上のみを切り取ることができました。ただし、ズーム機能を使うと画質が落ちてしまうので、目一杯ズームせず、半分くらい寄せるイメージで使いましょう。いかがでしたか? 今日紹介した方法にプラスして、以前紹介した構図や光を読むことを意識することで、よりおしゃれな写真をスマホでも撮ることができます。「いいね!」を増やしてみてください。

●教えてくれた人
【西村りつ子さん(撮影・文)】
奈良県在住。3人の子どもを育てる傍ら、自宅やカフェで不定期で写真教室を開催。手づくり雑貨や、毎日の暮らしぶりをインスタグラム(アカウント『tweet_hibi』)で紹介中