FC東京、セットプレーでの1点を守り切り仙台を撃破…安間体制は白星発進

写真拡大

 2017明治安田生命J1リーグ第26節が16日に行われ、FC東京とベガルタ仙台が対戦した。

 じりじりした展開が続くなか、均衡を破ったのはFC東京だった。67分、太田宏介のコーナーキックにチャン・ヒョンスがニアサイドで合わせてゴール。1点をリードした。

 終盤には仙台は猛攻を見せるも、結局そのままスコアは動かず試合終了。FC東京が悪い流れを断ち切り、安間貴義新体制での初戦を白星で飾った。

 次節、FC東京は23日にアウェイで柏レイソルと、ベガルタ仙台はアウェイでセレッソ大阪と対戦する。

【スコア】
FC東京 1−0 ベガルタ仙台

【得点者】
1−0 67分 チャン・ヒョンス(FC東京)