画像提供:マイナビニュース

写真拡大

東京メトロは11月12日、綾瀬車両基地を一般公開するイベント「メトロファミリーパーク in AYASE」を開催する。事前応募制で、1万5,000人を招待する。

今年は新規出展として、普段は絶対に見られない「電車のおなか」が見られる「激撮! 電車VR体験」や、ドラえもんと一緒に楽しむ「すすメトロ! 検定」のブースが登場。休憩場所としても利用できる千代田線16000系の展示や子供制服撮影会、車体吊上げ実演、車両と綱引きといった催しもある。

定員制のイベントとして、車両洗浄乗車体験(限定600名)、千代田線16000系運転台見学(限定20組)、高所作業車乗車体験(限定40組)も実施。定員制イベント希望者は、応募の際にあわせて申し込む必要がある。各種物販もあり、鉄道部品や鉄道各社のグッズ、ドクターイエロー弁当をはじめとする飲食物を購入できる。その他、多数の企業や団体による出展もあるとのこと。

参加希望者は「メトロファミリーパーク in AYASE」専用サイトまたは郵便はがきで申込みを行い、締切は10月13日24時(はがきは同日必着)。当選者への入場招待状の発送をもって発表に代える。