デルタ航空は、10月30日より東京/成田〜デトロイト線に投入する最新鋭機、エアバスA350-900型機を成田空港の格納庫で報道陣に公開した。

ビジネスクラスの「デルタ・ワン」は全室が通路に面した個室で、フルフラットとなるシートや18インチの個人用モニターを採用。

初のプレミアムエコノミークラスとなる「デルタ・プレミアムセレクト」は「2-3-2」配列で、13.3インチの個人用モニターやフットレスト、レッグレストも備えている。ウェスティンホテルとコラボレーションしたヘブンリーブランケットや、TUMIのアメニティキットも提供する。食事はアレッシィの食器で、ビジネスクラスに近いメニューをワンプレートで提供する。

エコノミークラス「メインキャビン」は「3-3-3」配列で、全席に電源を設置。モニターのサイズは11.1インチで大画面でエンターテインメントを楽しむことができる。

フォトレポートとして3回にわけて機内、機体の様子をお伝えする。

シート配列は「1-2-1」で互い違いとなっている。

中央の2席の間は可動式のディバイダーで遮ることができる。

AC電源とUSB電源、ヘッドフォンジャックはまとめられている。

ビジネスクラスとプレミアムエコノミークラスでは、LSTN Soundのノイズキャンセリングヘッドホンを搭載している。

ウェスティンホテルのヘブンリーベッドの寝具を採用している。アメニティはTUMIだ。

テーブルはサイドテーブルの下から引き出す。大型の1枚タイプのもので、仕事も捗りそうだ。

座席番号は入口部分にも表示されている。

中央部の荷物棚は撤去されているため、開放感がある。

扉を締めた状態。ベッド状態であれば中の状態を覗くことはできない。

ディバイダーや扉を完全に締めた状態で上から撮影。完全な個室になっている。