ちょっと空気の汚れには敏感!そんな人はポータブル空気浄化機はいかが?

写真拡大 (全6枚)

花粉やPM2.5、ハウスダストや煙など、1年を通して空気清浄機の出番は多いものです。もちろん、家には立派な空気清浄機を導入しているという人は多いと思いますが、困るのは外出のとき。空気の悪いオフィスやホコリの多い場所への出張など、敏感な人にとっては厳しいシチュエーションもありますよね。そこで、持ち歩きのできる空気清浄機「Wynd(ウィンド)」がクラウドファンディングサイト・Makuakeに登場。車のカップホルダーに入るコンパクトさでありながら、機能は本格的です。

「Wynd(ウィンド)」は、500mlのペットボトル程のサイズの空気清浄機。重さは434gと、片手でラクラク持ち運びができるアイテムです。これだけコンパクトだと性能が気になりますが、抗菌銀と絡み合った静電材料から構成されたフィルターがアレルギーの元である細菌と工業汚染(PM2.5)などの微粒子をトラップし、1秒間あたり8リットルの空気除去能力で強力に除去するとのこと。

たとえば、一般的な車の場合だと、10分以内で車内の70%の有害物質を除去することができるそう。車内ではカップホルダーに入れることができるので置き場所に困りません。また、専用ホルダーを使えばベビーカーの内部に取り付けることもでき、ベビーカーを半閉鎖にした状態で、50%のPM2.5(微粒子)と70%のPM10(粗粒種)を低減することができます。

キックスタンドを使って傾けて置くこともできるので、オフィスやカフェの机の上などで、自分に向けてピンポイントできれいな空気を送ることができます。

こんなにパワフルでありながら、バッテリーで最長8時間の連続稼働が可能! 電源のない場所でも安心して使えます。本体には、空気品質、風量、バッテリー残量とフリッターの使用を表すLEDライト付き。また、上部を左右へ回すことで、浄化機機能をゼロから100まで浄化レベルを調整することもできます。

さらに使えそうなのが、「空気の洗浄度を監視する機能」。本体についている洗浄度を測るセンサー部分を取り外すことができ、それをBluetoothでスマホに接続すれば、その場の空気中のアレルギーの元である、細菌やカビの胞子、ホコリ、花粉、タバコの煙などの有害物質のレベルを検出して、専用アプリ(iOSとAndroid)に色で教えてくれるのです。

実に使い勝手がよさそうな「Wynd」は、クラウドファンディング・Makuakeにてプロジェクトを公開中。予備フィルターのセットがメーカー小売価格20%オフの2万6247円コースなど、要チェックです。

>> Makuake「Wynd」

 

(文/&GP編集部)