もうすぐ大好きな彼と約束したデートの日。

大好きな彼との初デートでは、絶対に失敗したくないですよね?

初デートで彼の心をグッと掴むために女子がやっておくべきこととは一体なんなのでしょうか?

今回は彼との初デートを成功させるための3つのポイントをご紹介します。

ここを押さえれば、彼もあなたに惹かれること間違いなし!

待ち合わせから彼の心を掴む

初対面の時の第一印象と同じく、初デートでの第一印象はとても大切です。

いつも以上にオシャレに気合いを入れるのももちろん大切ですが、昔からよく男子が好きだと言われている「ごめ〜ん、待った?」と、遅刻してきて甘えた声というのは大人ではNG。

時間にルーズな女性を嫌がる男性もいるので、遅刻は絶対に厳禁です!

時間より少し早く来る、最低でも時間厳守で、「早く会いたかったから」という気持ちを前面に押し出すことの方が好印象。

照れくさそうに「楽しみすぎてあまり眠れなかったからお化粧ノリいまいちかも」と、さりげなく『会いたかった』アピールができると高得点!

ファッションに関しては、女子が好きなファッションは男子はイマイチだったりします。

なので、王道コーデと呼ばれるデートファッション(女子っぽく清楚なイメージもの)や、彼の好きなスタイルがわかっている人はそちらに合わせるいいでしょう。

そうすれば、一緒に歩いていても、『お似合いの2人』に見えるので彼もテンションがあがるのではないでしょうか?

そして、第一印象は視覚と聴覚のみと思われがちですが、嗅覚まで刺激できるとパーフェクト!

強すぎない、ふわっと優しく香るものを身体にまとわせて女子力を最大限に発揮しましょう!

彼のいいところを見つけて褒める

初デートは彼も緊張しています。

いつもよりカッコつけようとしたり、空回りしてしまったりするかもしれません。

マイナスポイントを気にするのではなく、彼のいいところを探して少し大げさに褒めることで彼もリラックスし、
その後の展開もスムーズになってくるでしょう。

また、ファッションをさりげなく褒めることも効果的!

その時は「○○のブランド? すごいね」というような直接的な感じではなく、「その色すごく似合うね!」や「それすごくあったかそうね!」など、自分に似合うもの、素材のいいものを選んでいる素敵な男性というような褒め方をすると、彼の自尊心を上手にくすぐることができ会話も弾むことでしょう。

普段と違う自分を演出

たとえば、あなたが関西人で東京で彼と知り合ったとします。

普段は標準語を使っているあなたが、ふとした時に関西弁を使うだけで、彼はいつものあなたとのギャップにドキドキしちゃうことでしょう。

他にも「ちょっと悩んでて」と彼へアドバイスを求めたり、人混みではぐれそうだからと、彼の洋服の裾や指先だけを『キュッ』と握ってついていくなど、「あなただけに見せている、いつもと違う私」を演出すれば、彼は「自分は特別なんだ」と喜んでくれるでしょう。

おわりに

ファッションや会話など色々研究して自分をよく見せることよりも、彼を立てつつ、自分の魅力をさりげなくだけど、最大限に見せることが初デートには必要です。

どんな気のきいたプレゼントよりも、最高の笑顔で「ありがとう」を連発できる女子の方が男子には魅力的です。

あざといブリッコは嫌われるけど、女の子らしさを素直に出すためのブリッコならやってみて損はないでしょう。

(愛カツ編集部)