ポルトガル国旗【写真:Getty Images】

写真拡大

 ポルトガルの名門クラブであるベンフィカが、クラブの公式TVチャンネルを通して「最も腐敗したクラブ」のランキングを発表したとして、そのランキングに含まれていたライバルクラブのポルトが怒りをあらわにしている。

 ポルトが14日付でクラブ公式サイトに掲載した声明によれば、『ベンフィカTV』の番組で「最も腐敗したクラブ」というランキングが放送され、その中にポルトも含まれていたとのこと。ベンフィカ側は、英紙『デイリー・メール』により作成されたランキングだと主張したという。

 だがポルトが『デイリー・メール』に確認を取った結果、同紙はそのランキングを作成・公表した事実はないと回答したようだ。ポルトはランキングに含まれた他クラブとも連絡を取った上で、ベンフィカに対して法的措置を取る姿勢を見せている。

 SNSからの情報としてスペイン紙『ラバングアルディア』などが伝えたところによれば、ベンフィカTVで放送されたランキングでポルトは3位にランクイン。1位はマルセイユ、2位はユベントス、4位はディナモ・ベルリン(ドイツ)、5位はCFRクルージュ(ルーマニア)、6位はミラン、7位はフィオレンティーナ、8位はトモリ・ベラト(アルバニア)という顔ぶれだった。

text by 編集部