外れにくくしっかりフィット!スポーツ時にはこのふたつが大事です

写真拡大 (全6枚)

日常の様々な場面で使いやすさを実感できるワイヤレスヘッドホン、とりわけ重宝するのはやはり激しい動きが多いスポーツシーンではないでしょうか。ランニングやジムワークを楽しむのなら、身軽に動けて煩わしさのないケーブルレスはやっぱり快適、一度使ったらもうワイヤードには戻れない!との声も聞かれます。

ただし、そのためには「外れにくさ」と「快適な装着感」が条件。激しい動きの中で耳から外れてしまったり、なんとなく違和感が残るようではトレーニングにも集中できません。パイオニアから発売の「E7wireless SE-E7BT」は、そんなスポーツシーンでの使用を意識したワイヤレスインナーイヤーヘッドホンです。

「E7wireless」では、ハンガー部分と、カナル型インナー部分の接合部にボールジョイントを組み込んだ「3D Active Fit」構造を採用。耳の形状や耳穴の角度は人それぞれ異なりますが、本製品はポールジョイントによってインナー部分の角度が変えられる構造になっています。ひとりひとりのユーザーの耳に無理なく収まるから、心地良いフィット感でお気に入りの音楽も長時間楽しめます。

また人間工学に基づいて設計されたイヤーフックは、快適な装着感とホールド感を両立。フックは取り外しもできるようになっているので、使用シーンや好みによってつけ方を選べます。

防水保護等級IPX4に準拠した防沫仕様だから、突然の雨にも、運動中にかいたたっぷりの汗にも負けません。連続再生時間は最大7.5時間で、イエロー、グレー、レッドと3色揃ったスポーティなカラーバリエーションも魅力。

発売は10月上旬予定で、価格はオープンプライス。店頭想定価格は9180円前後となっています。

>> Pioneer「スポーツ」

 

(文/&GP編集部)