ジェイティービー(JTB)とワークシフト・ソリューションズは業務提携し、海外のクラウドワーカーを活用した新たなインバウンドソリューションサービスの開発に着手する。

JTBが実施したオープンイノベーション募集「JTB Accelerator 2016」に応募があった124件のアイデアの中から選ばれたもので、増加する訪日外国人旅行者を対象に取り組んでいる自治体・企業向けの新たなマーケティングソリューションサービスを開発する。

ワークシフト・ソリューションズは、世界159カ国、5.5万人以上の登録者を擁する総合型クラウドソーシングプラットフォームを運営している。登録者の中からJTBの基準に基づいた登録者に対し、JTBが自治体や企業から請け負った業務を提供する。