ニューアルバム『がらくた』が音楽シーンに旋風を巻き起こしている桑田佳祐も出演する映画『茅ヶ崎物語 〜MY LITTLE HOMETOWN〜』(配給:ライブ・ビューイング・ジャパン)が、いよいよ9月16日(土)から、全国公開がスタートした。

6月に開催された「第6回茅ヶ崎映画祭」での特別上映に続き「第37回ハワイ国際映画祭」のSpotlight on Japan部門にて正式上映が決定するなど注目の集まる本作。

舞台となっている“茅ヶ崎”は、ミュージシャンや文化人など、これまで数多くの著名人を輩出。その土地ならではの魅力と謎を解明していく、ドキュメンタリーとファンタジー、相反するジャンルが融合されたこれまでにない新しいタイプの作品となっている。

ただの茅ヶ崎のご当地映画ではなく前半部分は、茅ヶ崎の芸能史を紐解くように日本一のレコードコレクターの宮治淳一が中心となりこの土地にゆかりのある様々な人たちに話を聞いていくドキュメンタリーで構成。映画の後半部分では、この作品の映画化のきっかけを作った宮治淳一と桑田佳祐の学生時代を神木龍之介(宮治)と野村周平(桑田)が熱演し、その後の二人の人生を大きく変える出来事を再現するファンタジーも。

そして、何よりエンディングの、茅ヶ崎のシンボルでもある烏帽子岩で桑田佳祐が熱唱するシーンは必見だ。今年はソロ30周年を迎え、新作『がらくた』をリリースし話題になっている桑田佳祐。今なお、果敢に新たなチャレンジを続ける桑田佳祐を象徴するようなこの場面は、これは数百万年にわたる烏帽子岩史上初のこと。感涙のラストシーン、桑田佳祐と烏帽子岩の必然たる邂逅は是非とも映画館の大スクリーンで是非とも体感して欲しい。

主演の宮治淳一、監督の熊坂出から公開に際してコメントが届いた。

<宮治淳一コメント> 
どんな方にも故郷があるように、私の場合それは茅ヶ崎という海辺の町でした。そこには古来不思議なパワーが備わっているようで数々の素敵な音楽が生まれてきました。桑田佳祐、茅ヶ崎と音楽、それを見つめてきた烏帽子岩の秘密を見つけにこの映画を見に来てください。

<熊坂出監督コメント>


宮治淳一 中沢新一
加山雄三 萩原健太 小倉久寛
神木隆之介 野村周平 賀来賢人
須藤理彩 安田顕 / 桑田佳祐  
熊坂出
制作プロダクション:スタジオブルー
配給:ライブ・ビューイング・ジャパン
製作:「茅ヶ崎物語 〜MY LITTLE HOMETOWN〜 」実行委員会
© 2017 Tales of CHIGASAKI film committee