男子の何気ない一言に傷ついたことがある女子もいるはず。でも男子も女子の何気ない一言で簡単に傷つきます。見た目は強そうでも、心は繊細だったりするんです……。できれば人間関係を円滑にするためにも、傷つける言葉ではなく気分をよくさせる言葉を使いたいもの。
そこで今回は、男に言ってはいけないNGワード・男心をくすぐるときめきワードを紹介。男子と一緒にいるときは、積極的にときめくワードを使いましょう!

男に言ってはいけないNGワード

1. 「もうちょっとしっかりしてよ!」「自分でやるからいい!」

男子のなよなよした姿や、ちょっと無責任な言動から「もうちょっとしっかりしてよ!」と言いたい時ってありますよね。あまりにも度がひどい場合には言うべきかもしれませんが、そこまでじゃない時はあまり言わない方がいいかも……。
彼的には「頼りない」とか、「器小さい」とかに聞こえる言葉だからです。彼に頼んだもののあまりにも不器用で、自分でやった方が早いな……と「自分でやるから、もういいよ」とか言わないであげて。たぶん彼、心折れますよ。

2. 「つまらない」「全然楽しくない」

彼と一緒にいる時に、あなたが笑うであろうと思って話したオモシロ話やギャグにたいして「つまらない」というのはやめてあげて。普通に落ち込むし、自分を否定された気分になってしまいます。
あとデートにたいし、「最近ご飯食べて家でのんびりするばっかりだよね、全然楽しくない……」なんて言われたら、彼もあなたに会うのが面倒に感じてしまうかも。不満を言うにしても、もう少しオブラートに包んだ言葉にしましょう。

男心をくすぐるときめきワード

1. 「ありがとう・はじめて・すごい・かっこいい」は鉄板でうれしい!

女子に何かしてあげた時に笑顔で「ありがとう! 頼りになるね」なんて言われたら、照れくさいけど素直にうれしいもの。デートで連れて行った場所で、彼女が「わぁ〜ココはじめて来た! ずっと前から来たかったの!」なんて喜んでくれたら、男子も内心ガッツポーズです。
また「英語話せるんだ? すごい!」と、優れていることを褒められてると、彼は優越感に浸れます。最近ジム通いしていて女子から「体鍛えてるんだ? 体締まっててかっこいいね!」と、自分が今頑張っていることにたいし成果を認めてもらえると、「もっと頑張ろう!」と思えます。
積極的に「ありがとう」「はじめて」「すごい」「かっこいい」は使った方がいいです。ただ、これみよがしな感じで言ってしまうと、相手にも「テキトーに言ってるな……」とバレ、全く喜ばれないので要注意です。

2. 一緒にいると落ち着く・ホッとする

「○○君と一緒にいるとなんか落ち着く」「○○君と会って話すとホッとするんだよね」と、気になる女子に言われたら、その子に安心感を与えられているんだなと彼も、安心します。
ふたりでのんびりしている時に言うと効果大! ただ中には「刺激のない男ってことかな……?」とネガティブにとらえる男子もいるので、なるべくなら彼氏とか距離の近い男子にしたほうが無難かも。