故障者/磐田=山本、小川航、荒木 浦和=宇賀神
出場停止/磐田=なし 浦和=なし

写真拡大 (全2枚)

J1リーグ 第26節
ジュビロ磐田-浦和レッズ
9月17日(日)/16:00/エコパスタジアム
 
ジュビロ磐田
今季成績(25節終了時):6位 勝点42 12勝6分7敗 38得点・24失点
 
【最新チーム事情】
●9月10日に、村俊に第5子となる男の子が誕生!
●膝の靱帯を傷めていた松本が今週から全体練習に合流。
●山田が10日の静岡産業大学との練習試合にフル出場し復帰後初ゴール。
●2種の伊藤がカタール遠征に臨むU-18代表に選出。
 
【担当記者の視点】
 前節はアウェーで札幌に逆転負け。攻守で前への推進力を発揮できなかった。今節の浦和戦は、本来のサッカーができるかがポイント。「札幌戦は忘れていい」と名波監督も切り替えを促している。
 
 前回対戦は3-0で勝利を収めている。監督交替に伴い、システムも含めて浦和のサッカーは変化しているが、中村俊は「浦和は死に物狂いでやっている。受け身にならず好ゲームにしたい」と意気込む。優勝戦線に生き残るためにも再び、勝点3を奪いたい。
 
J1リーグ 第26節
ジュビロ磐田-浦和レッズ
9月17日(日)/16:00/エコパスタジアム
 
浦和レッズ
今季成績(第25節終了時):8位 勝点39 12勝3分10敗 53得点・42失点
 
【最新チーム事情】
●9月20日に天皇杯もあるため、ローテーションの可能性も。
●磐田対策として4バックから3バックに変更か?
●コンディション十分の武藤に期待大。
 
【担当記者の視点】
 ACL・川崎戦での劇的な勝利から中3日でアウェーの磐田戦に臨む。DFの槙野は「1パーセントでも可能性があるかぎりリーグ優勝を目指す」と話すが、首位・鹿島との勝点差は残り9試合で「16」。現実的な目標はACL圏内(3位以内)だろう。
 
 磐田戦後に中2日で天皇杯の4回戦(相手は鹿島)があるため、ローテーションの可能性はありそうだ。また3バックの磐田に対して同じ3バックで対抗するかもしれない。その磐田戦で期待したいのが、先の川崎戦を出場停止で欠場した武藤。昨季のエコパでの磐田戦で第2ステージ優勝を決める得点を奪っただけに「良いイメージが残っている」。