桑田佳祐のニューアルバム『がらくた』リリース記念特別番組『桑田佳祐“がらくた”SPECIAL』が、8月26日にスペースシャワーTVにてオンエアされた。リアルサウンドでは、その特集として、先日いとうせいこう、大谷ノブ彦(ダイノジ)、柴 那典、R-指定(Creepy Nuts)、Licaxxxが参加した、討論会「がらくたの夜会」のレポートを掲載。今回は、いとうせいこうをインタビュアーに迎えた桑田佳祐への独占インタビューを掲載する。桑田が考える今のバンドシーンからデビュー当時のエピソード、『がらくた』収録曲のサウンドにある様々なジャンルの音楽について語った貴重なインタビューとなっている。(編集部)

・今のバンドシーンに思うこと

いとうせいこう(以下、いとう):過去にお話を伺った際に、桑田さんは今も若いバンドに自分でもどうにかしてるなって思うくらい嫉妬をしていると言っていました。今回の「過ぎ去りし日々(ゴーイング・ダウン)」でも、<今では ONE OK ROCK/妬むジェラシー>って。座談会でもみんなその歌詞にちゃんと反応していて。R-指定はラップ用語で「パンチライン」って言っていましたね。「このアルバムの最初の決め言葉はあそこです」と。

桑田佳祐(以下、桑田):へえ、そう!

いとう:いろんな人にまだ嫉妬してるんですか?

桑田:まあ嫉妬っていうかね、もう……得体が知れないよね。

一同:(笑)。

いとう:自分がってことですか?(笑)。

桑田:いやいや、やつらが(笑)。ONE OK ROCKだとかRADWIMPSだとかいるじゃないですか。僕はもう60歳すぎていますから、まったく同じではないと思いますけど。この間もフェス(『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017』)に出演したんですけど、僕の前はゆずが出ていて。ゆずって健康的な、健全な芸風かなと思っていたんだけど、まあ客を煽り倒すんですよ。

いとう:そうなんですか。

桑田:だけど、お客さんも素直に、もう身の丈いっぱい盛り上がるので、私出にくくなっちゃったんですよ。

いとう:(笑)。全然それはないと思いますけどね!

桑田:みんなちゃんとしていますよね、それぞれが個性を持っていて。昔我々のときは明らかに元ネタがあるような、そういう感じだったけど、今の人はーー。

いとう:オリジナルを感じるということですか?

桑田:はい。フェスに出て思ったんだけど、僕が大人が作る芸能とすれ違った時期は、ロックっていうおまじないとか、腕っ節が強いような雰囲気に、僕らも飲まれていった時があったなと思うんですよね。

いとう:でも、それは今おまじないだったなって感じてるんですか?

桑田:うん。思い込みだったなというかね。

・桑田、デビュー当時の衝撃

いとう:桑田さんはデビュー当時、短パンで出てきてね。「うぉー! なんじゃこりゃー!!」っていう衝撃を僕らは受けて。

桑田:僕、短パンはいやだったんですよ。

いとう:いやだったんですか?

桑田:あの頃、短パンってロックじゃないみたいな感じだったから。やっぱり、世良公則&ツイストやCharさんがいて、みんなジーンズとか履いて、きちっとした格好をしてたじゃないですか? 僕らはジョギングパンツとかだから(笑)。そこでまた違っちゃったんですよ。今思えばよかったのかもしれないですけど。昔『傷だらけの天使』っていうテレビ番組があったでしょう? 萩原健一と水谷豊が出ていた。僕ら、本当はああいう格好で出たかったんですよ。

いとう:あぁ、なるほど。

桑田:原宿にお店あったでしょ? あそこ行ったら高いんですよ(笑)。僕らはひとり1万円だって言われて、そこ行ったら買えなくて。それで、ラフォーレのほうに向かったらスポーツ屋があったんですよ。そこで「明後日『夜のヒットスタジオ』出るんだ」って言ったら、ジョギパンが出てきちゃったの(笑)。

・『がらくた』に見られる色々なジャンルの要素

桑田:「若い広場」は“歌謡曲”というキーワードの中で、この曲のモデルになったのはザ・キング・トーンズの「グッド・ナイト・ベイビー」でね。

いとう:最高ですよね。

桑田:僕が小学生の時に流行ったんですよね。今思えば、日本人だけど、あの人たちは憧れの存在でね。どうしてこんなに痺れるんだろう? と、小学生なりに思いました。その気持ちを、僕はずっと持って大人になって、今は生業が音楽になっている。どこかに「グッド・ナイト・ベイビー」をやりたいっていう気持ちがあるんでしょうね。テレビ歌謡で育ったということが、僕の人生観を作ったなっていうのが、恥ずかしいけどありますね。

いとう:ザ・キング・トーンズの「グッド・ナイト・ベイビー」は、まさに外来のリズムに日本語がはまっている楽曲。“Good night”を“グンナイ”って言っちゃうんですもんね(笑)。日本語で聞いても、なんとなく意味がわかる。あんな日本語の乗せ方をして、しかもおじさんたちが歌ってたけど、僕ら子供が憧れましたからね。

桑田:そうなんですよね。

いとう:ザ・キング・トーンズのドゥーワップの要素が入っていたり今回の『がらくた』には色々なジャンルの要素が入ってるじゃないですか。「ヨシ子さん」なんかもまさにそうで、「ヨシ子さん」がこのアルバムの中心になってできた、引力を持った楽曲だっていうのは本当ですか?

桑田:そうですね。「ヨシ子さん」ができたことで自信が出てきたっていうか。アルバムに向かっているなという感覚が芽生えましたね。あの曲は、僕と片山敦夫くん(キーボーディスト)と、エンジニアの中山佳敬くんとマニピュレーターの角谷仁宣くんの4人が中心になって作ったんだけど。「ヨシ子さん」のトラックを録音している時は、なんかね、彼らがすごくノッちゃったんですよね。僕の仮歌に、彼らが打ち込みを始めたんです。ちょっと久しぶりに、彼らに火がついたな、って思ったんですよね。僕の要求を聞くわけでもなかったですから。僕もそれが面白くて、後ろから3人を見ていたような状態でしたね。だから、トラックを作ってもらったみたいなところもあるんですよ。それでね、余裕ができたのか、夜のビクター(スタジオ)401でいい年した男たちが4〜5人で、フンガフンガ! とか、エロ本エロ本! とか言ってたわけですから。なんか日本のチンドン屋を思い出したんですよ。

いとう:わかります。わかります!

桑田:ブラックミュージックのビートもね、よく履き違えるんだけど、跳ねる感じとか、日本人が持っているいわゆるチンドン屋さんのビートに通ずる部分があるんじゃないかと思い出したんですよ。ボブ・マーリーになれるんじゃないかって思ってた時もあったんだけど(笑)。壮大な勘違いしててね。

いとう:(笑)。でも、レゲエが出てきた時、肌にあう感じもありましたよね。

いとう:「ヨシ子さんが特異なわけではなくて、昔の歌謡曲ってこうだった、色んなもの(ジャンル)がはいっていたよね」と座談会の若いメンバーもきいていたんですよね。

桑田:うん。そこ僕なんかはすごく嬉しいポイントなんだけど、それを若い人たちが聞いて解析してくれるっていうのは素晴らしいですよね。

・ツアーに向けて

いとう:10月からツアーが始まりますが、アルバムの収録曲もライブで聞けるんですよね?

桑田:そうなんですよ。だから、そのあたりも少し意図して作ったかな。

いとう:座談会で、ダイノジ大谷くんはこの「過ぎ去りし日々」はライブで絶対に客を掴む曲だって話してましたね。そのために作ったんじゃないかと勘ぐってましたけど。

桑田:だからね、そういう人がいるからありがたいのよ(笑)。(手を叩きながら)そうか、そうか! と発見があるから。

いとう:パンチラインの入ったライブをまた見せていただければと。今日は本当にありがとうございます。

桑田:ありがとうございます。(文=編集部)