THE PINBALLS、12月発売のミニアルバムでメジャーデビュー

写真拡大

4人組ロックバンドTHE PINBALLSが、2017年12月6日にリリースする7曲入りのミニアルバム『NUMBER SEVEN』をもって、メジャーへとフィールドを移すことを発表した。

2006年に埼玉で結成、<SUMMER SONIC>など数々のフェスやイベントにも出演し、アニメ『ニンジャスレイヤーフロムアニメイシヨン』第3話に書き下ろしたエンディングテーマ「劇場支配人のテーマ」が話題となったTHE PINBALLS。荒々しくも唄心溢れる古川貴之(Vo)のハスキーヴォイスや、キャッチーで勢いのあるメロディー、ロマンチックな詩世界を魅力とする彼らは、2018年の邦ロックシーンへのカウンターパンチになり得る可能性を感じさせる。

また、2018年2月に東名阪ワンマンツアー<NUMBER SEVEN tour 2018>を開催することも決定しており、このツアーのチケットのオフィシャルホームページ先行受付が9月16日(土)よりスタート。ライヴで培ってきた王道ロックサウンドを武器にフロアを揺らす彼らのパフォーマンスを、ぜひ目撃して欲しい。

Major 1st mini album『NUMBER SEVEN』
2017年12月6日発売
1.蝙蝠と聖レオンハルト
2.七転八倒のブルース
3.that girl
4.ひとりぼっちのジョージ
5.神は天にいまし
6.重さのない虹
7.ワンダーソング

<NUMBER SEVEN tour 2018>
■2018年2月10日 (土)名古屋CLUB UPSET 18:00/18:30
■2018年2月11日 (日) 大阪 Shangri-La 18:00/18:30
■2018年2月23日 (金) 渋谷 CLUB QUATTRO 19:00/19:30