リラックマの和カフェは日本初

写真拡大

コンセプトショップを運営する寺子屋(京都市)は、「嵐山 りらっくま茶房」を2017年10月28日にグランドオープンする。

ショップも充実

人気観光地・嵐山の中でも代表的な「渡月橋」から「竹林の小径」に向かうメイン通りにある、世界文化遺産「天龍寺」の向かいにオープン。2階建ての蔵のような店構えで、リラックマと伝統工芸品を組み合わせた内装からは癒しと憩いが得られるという。

コンセプトは「はちみつ」。 1階にはスイーツ等のテイクアウトショップや、「はちみつ」を取り入れた食品等の菓子・食品ショップ、西陣織の和雑貨小物をはじめとする店舗限定商品やリラックマライセンスグッズが並ぶグッズショップを設ける。裏庭のイートインスペースでは、ゆったりとくつろいだり、記念写真が撮影可能だ。2階は茶房となっており、リラックマ等のキャラクターをイメージしたヘルシーな野菜メニューや和スイーツ、ドリンクメニューを提供する。

営業時間は、茶房が午前10時30分〜午後5時30分、テイクアウトは午前10時〜午後5時30分。ショップは午前10時〜午後6時の予定。オープン日の28日のみ、午前11時から営業する。