村上佳菜子(c)Getty Images

写真拡大 (全2枚)

 16日、日本テレビ系「メレンゲの気持ち」に元フィギュアスケート選手の村上佳菜子が出演し、現役引退後の生活を語った。 

 今年4月に引退した村上。「ずっと背負っていたものがストンと落ちた感じで、毎日自分好きなことができる」と語り、「今が青春だ」とMCの久本雅美から言われると「はっちゃけてます」と笑った。 
 浅田真央とは姉妹のように仲良しで、沖縄にも2人で1週間旅行したという。また今はカロリーなどは気にせず食べ、お互い「思う存分太った」とも。さらに街なかを歩いていて「あの人かっこいいよね」などとも話しているという。

 22歳で現役を引退した理由として「体がついていかず、スケート界のレベルについていけなくなった」と明かし、毎年毎年「辞める」と言いながら続けていたが、コーチの山田満知子から「もう佳菜子、辞めたほうがいいと思う。この先のほうがもっとつらいし、今辞めるほうが佳菜にとってベストだ」と言われたとか。
 それに対して「自分も辞めたいというのもあったので特にショックではなかった」と語っていた。