セントバーナードの樽の中

映画「ベートーベン」では大きな体で愛らしいセントバーナードの日常が描かれていて、愛犬家の間でも話題になりました。セントバーナードは、犬の中で最も大きな体格を持っている大型犬の中でも最大の超大型犬と呼ばれる種類に入り、スイスでは国犬とされ大事にされている犬です。

体はとても大きいですが、性格はとても大人しく温厚なので映画「ベートーベン」を見ても分かるように一般の家庭で飼育する事も十分に可能な犬種です。セントバーナードの飼育環境には広い敷地が必要となり、暑さが苦手なので暑い地域での飼育には適さないと言われています。

かつて、スイスの冬山で遭難した人々を助ける仕事をしていたセントバーナードは、映画「バリー」にもなったセントバーナードの祖先犬、バリーが一番有名です。このバリーはスイスの修道院で飼われており、山岳救助犬として緊急時に活躍していました。バリーもそうですが、当時から山岳救助をしているセントバーナードの首には樽が掛けられており、その中にはラム酒が入れられていたそうです。

セントバーナードの樽の中には救援物資や薬などが入っているのではないかと思われがちですが、実際に入っているのはラム酒やブランデーといったアルコール度数の高いお酒です。これは、もちろん遭難者に飲ませるためのもので、アルコールでまず体を温める意味でセントバーナードの樽に入れられています。救助犬が遭難者を発見したからと言っても、すぐに救助の人間を連れてきたリ下山の手助けをすることができません。まだまだ長時間山の中にいなくてはならない可能性もあるので、アルコールで体を温めて生存の可能性を高めるためにラム酒は遭難者に必要だったのです。

セントバーナードの樽が売っている場所

セントバーナードが樽を首からぶら下げている姿は、何とも凛々しくて、また、セントバーナードらしさが出ていて可愛いとも言えます。

そもそもセントバーナードの樽は山岳救助犬として活躍していた頃に使われており、遭難者の命を助けるために体を温める目的でラム酒やブランデーといったアルコール度数の高いお酒が入っていました。山岳救助をしていたセントバーナードにとって、樽は必須のアイテムだったのです。

しかし、セントバーナードが樽をぶら下げている姿が愛らしいという事で、昨今では自宅で飼っているペットのセントバーナードに樽を下げている姿も見受けられるようになりましたね。ただ、なかなか市販されている樽を見つけるのは難しいかもしれません。日本で販売しているお店は殆ど無く、実店舗から購入したい場合は海外で入手する事はできるようです。

セントバーナードの樽が欲しいと思ったら、ネットショッピングを利用すると良いでしょう。豊富に探せるほどの販売はされていませんが、1万円から2万円ほどで購入することが可能です。
実際にぶら下げている写真なども見る事ができて、イメージもしやすいでしょう。

セントバーナードの樽に関するまとめ

セントバーナードが首から下げている樽の中には、山岳救助犬として必須のアイテムとも言える高アルコール度数のお酒、ラム酒やブランデーが入っています。セントバーナードは山の中で遭難した人を探し出し、体を温めてあげるために樽の中に入っているお酒を遭難者に飲ませます。更に、セントバーナードは樽の中のお酒の他にも自分の体温で遭難者を温めて、救助の任務を遂行するとても賢い犬なのです。