レアル・マドリードのクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】

写真拡大

3秒間で6回タッチ…練習中に披露した世界最高峰の技にファン感嘆「史上最高の存在」

 サッカー・スペインリーグ1部レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがインスタグラムを更新。現在、出場停止中の背番号7は練習で美しく2人抜きを決めた超速ドリブルを動画付きで公開し、世界のファンから「史上最高の存在」「もはやモンスターだ」と絶賛の嵐となっている。

 鬱憤を晴らすかのようにロナウドが練習から全開だ。13日にインスタグラムでハーフコートで行われた実戦練習の様子を公開。そこには、らしいプレーが収められている。

 ゴール左サイドでボールを受けたロナウドは華麗な切り返しでマーカーを翻弄。さらに右側から当たりに来た相手を右から左足で吸い付くようなボールタッチで一気に2人の間を抜き去った。昨季に期限付き移籍していたアラベスで頭角を現したMFマルコス・ジョレンテ、レギュラークラスと遜色ない実力を持つMFルーカス・バスケスを爆発的な瞬発力で翻弄してみせた。

 最後はGKと1対1になり、ゴール右サイドに冷静に右足で流し込んだ。両手を挙げ、試合さながらにポーズを決め、喜びを表現している。

 特筆すべきはボールタッチ数。ボールを受けてから切り返し、2人を抜き、シュートを打つまで、わずか3秒。その間に実に6回のボールタッチで相手を惑わした。世界最高峰の選手のゆえんたる技術が凝縮されている。

リーグ戦出場停止中の“CR7”に「ヒーローとは遅れてやってくるもの」の声

 ロナウドは8月13日のカップ戦で退場処分を受け、国内の公式戦5試合の出場停止中。チームは開幕したリーグ戦で1勝2分けと苦しいスタートを切っただけに、練習とはいえ、驚愕プレーを目の当たりにした世界のファンから感嘆の声が続々と溢れていた。

「君は毎年どんどん良くなっていくじゃないか!」
「マスター・オブ・マスター」
「なんて偉大なフィニッシャーなんだ」
「史上最高の存在」「もはやモンスターだ」
「フットボール界のキングにとっては朝飯前だ」
「世界有数のチームメートがまるで子供扱いだ」
「信じられないスピードだ」

 このように賛辞が相次ぎ、「ヒーローとは遅れてやってくるものなんだ」「僕らは救世主の帰りを待っている」「慌てることはない。僕らには彼がいる」と待望の声が上がっていた。

 そして、この後に行われた13日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1節アポエル戦で久しぶりの試合にもかかわらず、2ゴールを奪い、3-0の勝利に貢献する貫禄のパフォーマンスを披露した。

 リーグ戦では20日のベティス戦で復帰可能。ファンから上がった「君のチームだということを思い知らされる」という声も、もっともなようだ。