火星12型の発射訓練を現地指導した金正恩氏(2017年9月16日付労働新聞より)

写真拡大

北朝鮮の金正恩党委員長が、「火星12」型の発射訓練を現地指導した。日時は記されていないが、15日午前の発射と見られる。朝鮮中央通信が16日、伝えた。

金正恩氏を李炳哲(リ・ビョンチョル)、金正植(キム・ジョンシク)、趙甬元(チョ・ヨンウォン)、劉進(リュ・ジン)、金絡謙(キム・ラクキョム)、張昌河(チャン・チャンハ)、全日好(チョン・イルホ)の各氏が迎えた。

発射訓練には、ミサイル研究部門の科学者、技術者と朝鮮人民軍(北朝鮮軍)戦略軍「火星12」型ミサイル運営部隊が参加した。

同通信は、今回の火星12型の発射訓練の目的について、「軍事力使用をけん伝する米国の好戦性を制圧し、迅速かつ強力な軍事的対応で迎え撃つための攻撃と反攻撃作戦遂行能力をいっそう強化し、核弾頭取扱秩序を点検して実戦的な行動手順を確定する」ことだと説明した。

金正恩氏の命令で発射された火星12型は「予定された飛行軌道通り日本の北海道上空を通過して太平洋海上の設定された目標水域に正確に着弾した」と同通信は伝えた。日本政府は、今回発射された火星12型の最大高度は約800キロ、飛行距離は過去最長の3700キロに達したと見ている。

金正恩氏は、「発射訓練がその目的を達成して成功裏に行われた」とし、「『火星12』型の戦闘的性能と信頼性が徹底的に検証され、運営メンバーの実戦能力も非の打ち所がなく完璧だ、『火星12』型の戦力化が実現した」と満足しながら述べたという。

さらに、「われわれの最終目標は米国と実際の力のバランスを取って米国執権者の口からむやみにわが国家に対する軍事的選択だの、何のというたわごとが出ないようにすることだ、米国にとって対処不可能な核の反撃を加えられる軍事的攻撃能力を引き続き質的に固めながら、真っ直ぐに疾走しなければならない」と語った。

また、「いまだ国連の制裁などでわれわれを屈服させられるという執念にとらわれている、大国と自称する国々が非常にうっとうしい」とし、「大国主義者らにわが国家が無制限の制裁・封鎖の中でも国家核戦力完成の目標をいかに達成するかをはっきりと見せつけなければならない、今やその終着点にほとんど到達したのだから、全国家的な力を集中して結末を見なければならない」と強調した。