北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は15日、署名入りの論説で 「アメリカ帝国を火の海に作れる」と主張した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論説は、「朝鮮の強大無比の総合的国力と潜在力を誰も無視できなくなり、アジアと世界の平和に大きな影響力を行使する責任ある核保有国としての戦略的地位はこれ以上逆戻りさせられないものになった」と述べた。

また、「また、米国が追随勢力と有象無象を総動員して白昼強盗さながらの対朝鮮『制裁決議』をまたもやつくり上げてなにか大きなことでもやり遂げたかのように威張り散らすが、それは虚勢にすぎない」と指摘した。

さらに、「われわれは二度の大陸間弾道ロケット試射の成功で米本土全域を打撃圏内に入れており、任意の地域と場所で不意の奇襲発射でアメリカ帝国を火の海に作れるということをはっきりと示した」と強調した。

その上で、「米国のいかなる手段と方法も、われわれには絶対に通じない。米国の運命は、われわれの手に確固と握られている」と主張した。