樋口新葉【写真:giacomello foto】

写真拡大

自己ベストで2位「去年みたいな、甘ったるい試合ではいけない」

 フィギュアスケートのロンバルディア杯(イタリア・ベルガモ)は15日(日本時間16日)、女子フリーでショートプログラム(SP)1位の樋口新葉(日本橋女学館高)は143.37点をマークし、自己ベストの合計217.63点で2位に入った。演技前の練習で転倒するアクシデントがあったが「どうなってもいいやくらいの気持ちでやった」と切り替えたことが奏功。自己評価は「98点」をつけたが、足りない「2点」の中身とは?

 フリー後の一問一答は以下の通り。

――最高の演技だと思うが。

「今までの練習と試合からしたら最高にはできた。ただ、まだまだ点数を伸ばせる部分があると思う。そこをしっかり見直していきたい」

――得点に関して。

「まだ上がいたので(優勝したザギトワとは)1点ぐらい差があったけど、そこを越さなきゃいけないので、全然満足できてない。一応、初戦で高得点が出せたのは、すごく嬉しいことですが」

――それでも217点を超えた。

「そうですね。去年はひどい結果だったので、それに比べたら、少しずつ……」

――いいスタートが切れた。

「今シーズンはオリンピックがあるので、オリンピックは絶対行きたい。去年みたいな、甘ったるい試合ではいけないなと考えているので、 初戦からしっかり気を引き締めてやろうと。すごくいいスタートが切れたと思うので、次の試合で結果(2位)を超えられるようにしていきたい」

演技直前に転倒「どうなってもいいやくらいの気持ちで」

――得点で満足できてない部分は。

「ショートはやっぱり、全然自分の中でうまくいってない。ジャンプの質だったり、ステップでもうちょっと大きく……。フリーでは、ちょっと後半の3-3が回転不足だったかもしれない。スピンの速さとか、最後のステップとかハマるようにしたい」

――演技直前の練習で転倒した。

「本当に始まるまでは、すごく緊張していて、演技直前で転んでしまったのが、思い切って滑るきっかけになったというか、吹っ切れて滑られた。それが、打たれ強かったかなと思う」

――直前の練習で転び、吹っ切れた経験は。

「去年、おととしくらいに転んだ時は焦っちゃって、全然ダメな演技だった。それからはこういうことはなくて、今回また新しい経験をして、タイツがビショビショになって、衣装がちょっと濡れていたんですけど、どうなってもいいやくらいの気持ちでやっていた。なので、逆に力が抜けて滑れたかな」

――精神的強さが去年に比べてある。

「去年よりも周りのことを気にしないで、自分のことだけに集中して色んなことができるようになったかな」

自己評価は「今までで一番良かったので98点。あとの2点は…」

――手応えは。

「結構、お客さんが乗ってくれたのと、自分もすごく集中して、演技に入り込めていたかなと考えているので、また次の試合が楽しみ。すごく自信につながると思うし、ショートもフリーも新しい課題がまた見つかったので、ステップだったりスピンだったりをもうちょっと良くしていきたい」

――今の心境。

「とりあえずはホッとしている。でも、まだこれからなのでしっかりペースを落とさず、自分のペースでやっていきたい」

――自己評価は何点。

「98点ぐらい」

――足りない2点は。

「今までの試合からしたら一番良かったと思うので98点。あとの2点はやっぱり、ショートの3-3の部分と細かいミスというか、もうちょっと上手くできたなという部分がある。そこがあと2点かな」

――いい演技ができた嬉しさと勝てなかった悔しさの割合。

「自分自身の今までの滑りからしたら、本当によくできたなと感じている。でも、やっぱり勝てなかったので。ショートもフリーも今日と昨日以上に納得のいくいい演技をしたら、もうちょっと点数をもらえるかなと考えている。そこは課題」

さらなる成長に意欲「すごく自信になった。より点数もらえるように」

――「007」で自分が表現したいことはイメージできてきた。

「前回の試合の前に振り付けを少し変えたりして不安な部分はあった。でも、この試合でしっかりジャンプが決まり、スピンもうまくできてホッとした。強さ、柔らかさをうまく出せるように練習してきたので、それは練習通り出せたかな」

――逆に不安に感じていたジャンプは。

「今日の朝から、やっぱり結構不安があったので、とにかく失敗しないように。あとは思いっきり滑ることを意識した」

――それができたことは去年と比べ、かなりステップが上がっている。

「そうですね。去年、課題にしてきたことが、だんだん達成できてきて自信につながっている。また新しい課題が見つかって、楽しみ。初戦でこのくらいの点数が出せたというのは、すごく自分の自信につながったので、また次のグランプリに向け、しっかり直すところは直して、より点数がもらえるようにしていきたい」