松山英樹【写真:Getty Images】

写真拡大

プレーオフ第3戦BMW選手権、5バーディー、2ボギーで47位に上昇

 米男子ゴルフのプレーオフ第3戦、BMW選手権(コンウェー・ファームズGC、パー71)第2日は15日(日本時間16日)、56位から出た松山英樹(レクサス)は5バーディー、2ボギーの3アンダーの「68」。スコアを3つ伸ばし、通算2アンダーの47位に順位を上げた。PGAツアーも公式サイトで「スランプを打破しつつある」と評価している。

 初日は1オーバー56位と大きく出遅れた松山。この日は5番までに2ボギーを叩いたが、そこから5バーディーと巻き返した。順位は47位に上昇。全米プロゴルフ選手権で5位に入って以降、プレーオフは予選落ち、23位と振るわなかったが、少しずつ松山らしさが戻ってきている。

「最後の13ホールでの5バーディーに見るソリッドな2日目を踏まえると、フェデックス杯のスランプは打破しつつある」

 PGAツアーも公式サイトで、このように記述。上昇気配にあると分析しているようだ。大会は残り2日。本来の松山らしい「ヒデキ・チャージ」で上位進出なるか。躍進を期待したい。