コロ・トゥーレ【写真:Getty Images】

写真拡大

 元コートジボワール代表のコロ・トゥーレが、コーチとしてセルティックに復帰することが発表された。

 36歳のK・トゥーレは、昨年夏にリバプールとの契約が満了して、恩師ブレンダン・ロジャース監督が率いるセルティックと1年契約を交わした。1シーズンを戦い終えて退団したあと、指導者として戻ってくる。セルティックは、K・トゥーレがテクニカルコーチに就任したことを発表している。

 K・トゥーレは「これは私のキャリアにおける新章のスタートだ。選手は引退し、コーチに集中する。正式に引退したことを言える」とコメントした。

 新コーチは「これまでやってきたことと大きな変化はない」と話す。「いつも周囲の選手を助けようとしてきた。今はアドバイスをして若手を助け、彼らを導き、自分のキャリアで得た経験の全てを伝えていく」と語った。

 アーセナルやマンチェスター・シティ、リバプールでプレーしてきたK・トゥーレは今年夏、コートジボワール代表のアシスタントコーチを務めていた。ファンにも選手にも愛された選手は、これからどのような指導者になるだろうか。

text by 編集部