しょっちゅうLINEが届くのに、実は彼は遊びのつもりで送っているとしたらショックです。

けれど、男子だって人間ですから、キープのためにLINEしまくっている相手がいても不思議ではありません。

そこで今回は、遊びの女に送りがちな鉄板LINEを3つ男子の声からまとめてみました。

■1:自慢話

「俺、今日契約3本もとったんだぜー」
「明後日からパリに旅行に行くんだよー」

など、自慢っぽい内容が含まれているLINEは、遊びの女にしか送らないという男子の声が集まりました。

「本命には自慢屋だと思われたくないけど、遊びの女ならいいかと思って」(20代)
「誰かに言いたいけど人格疑われそうだから、遊びの女に送る」(30代)

■2:下ネタ

「昨日はエッチした?」
「今日は誰かとエッチするの?」

などのエロい話が届くのは、遊びの女だけというのが鉄則。「彼ってば下ネタが好きなんだなー」なんて応じていると痛い目を見ます。

「エッチとか直接的なワードは、付き合っている彼女か付き合ってない遊びの女にだけ」(20代)
「本命女子には絶対に送らないけど、遊びの相手には送りたくなるんだよね」(30代)
本命の前では紳士でいたいのも男子の心理ですね。

■3:暇アピール

「今日暇なんだよなー」
「暇だよー」

などの暇アピールも、遊びの相手にしか送らないという声が集まりました。

「本命には暇人だと思われたくないし、急な誘いは失礼でしょ」(20代)
「遊びの相手だから、空いてたらエッチできるかなと思って」(30代)

男子に「暇なんだよねー」と言われれば、自分を求めているメッセージだと嬉しくなる女子もいますが、これは相当危険な“遊びのサイン”かも……。

男子たちには、遊びの女にしか送らない鉄板のLINEも存在するのです。こんなLINEが届いたら、彼に軽く見られているかもしれないから気をつけて。(麻生アサ/ライター)

(愛カツ編集部)