PSGは来年1月に資金の回収に動く!? 5選手が放出候補に

写真拡大

▽今夏大金を投入して戦力補強を行ったパリ・サンジェルマン(PSG)だが、来年1月にその大半を回収する動きに出るようだ。『ESPN』が報じた。

▽PSGは、バルセロナからブラジル代表FWネイマール、モナコからフランス代表FWキリアン・ムバッペを獲得。ムバッペは買い取りオプション付きとなっており、レンタル移籍が終了する来夏に完全移籍で獲得する場合は移籍金を支払うことになる。

▽ネイマール、ムバッペの2選手で約4億ユーロ(約529億6400万円)を投じたことになるが、1月に選手を売却して一部を回収するつもりがあるようだ。

▽売りに出される可能性が高い選手は、MFアンヘル・ディ・マリア、MFユリアン・ドラクスラー、MFルーカス・モウラ、MFハビエル・パストーレ、GKケビン・トラップの5名のようだ。

▽ディ・マリアは今夏バルセロナからの関心が報じられ、ドラクスラーは継続的にアーセナルが興味を持っている。また、ルーカス・モウラはマンチェスター・ユナイテッドが興味を持っているようだ。

▽何れにしても、2選手の獲得に多額の資金を投じたPSGだけに、控えに回る可能性が高い選手を売却することは必然的だろう。来年1月の移籍市場では、PSGが選手を放出する側として話題を集めそうだ。