バルサの中盤の人員整理においてアルダの退団は外せない

写真拡大

エルネスト・バルベルデのチームが次に予定する中盤の選手補強の鍵を握っているのがアルダ・トゥランだ。
FCバルセロナは既に選手補強の計画を立てているが、そのためにはこのトルコ人MFが冬の市場でバルサの戦列を離れる事が前提となる。

バルサのスポーツ部門はアルダと彼の代理人のアフメット・ブルトが中国サッカー界からの誘惑に屈する事になると考えている。
アルダは過去に広州恒大、北京国安などから受けた複数のオファーを拒否している上に、中国政府がスーパーリーグへの規制を強化した事で経済的制限が存在するにも関わらず、クラブはアルダが最終的に中国へ向かうためにカンプノウを離れる事を決断する事を望んでいる。

アルダの退団はセリの加入によってすぐにカバーされる事となるだろう。
ニースのMFは今夏の市場でバルサへの移籍が破談となったが、バルサの関心が現在も損なわれていない事を知っている。

従って、プライオリティはアルダを説得する事である。
代理人のアフメット・ブルトとジョルジュ・メンデスはFCバルセロナと選手の経済的な要求を満たす事ができるクラブを見つけるという課題を抱えている。
そして、中国がその解決策を持っている可能性がある。