最近ジワジワ浸透しつつあるマッチングサイトでの恋活や婚活。恋人ができるのはもちろん、運命の人と出会いそのままゴールイン……というケースも増えてきているようです。

そんな素敵な未来が自分にも待っていれば良いのですが、現実は男性とのメッセージさえ続かない人も多いはず。

そこで今回は「マッチングサイトで男性から返信をもらえなくなってしまう女性の特徴」についてまとめてみました。

1、 常に受け身

リアルでもSNS婚活でも、男性にリードしてもらいたい女性は多いでしょう。でも自分から男性にイイネをしたのに、メッセージは送らないなどの受け身姿勢はNG。1度も会ったことがない関係なのですから、そこで縁は切れてしまいます。

またマッチングサイトって女性が無料なのに対し、男性は料金がかかっている場合がほとんどです。そのため変な駆け引きをしている間に、男性がマッチングサイトを退会してしまう恐れもあります。「マッチングサイトを利用している=彼氏が欲しい」という表れなのですから、変にお高くとまったりせず、積極的にアピールをしていきましょう。

2、 チャット感覚

先ほども述べたように、マッチングサイトは女性が無料で利用できるものがほとんどであるのに対し、男性はイイネやメッセージにも料金がかかります。

そのためLINEと同じようなチャット感覚でメッセージを送られても、男性的には返信がお金のムダでしかないんですよね……。結果やりとりは続かず、彼とはそのまま音信不通になってしまいます。

そんな悲しい結末を防ぐためにも、メッセージはなるべく中身のあるものを目指すようにしましょう。彼の入っているコミュニティなどから会話ネタを探すのも良いかもしれませんね。

3、 個人情報ゼロ

「SNSで知り合った男性にいきなり個人情報を教えるのは気が引ける……」と思う女性もきっといるはず。でも職場や住んでいる地域も全くわからないとなると、男性もどう話を広げるべきなのか悩んでしまいます。

「そんなに警戒心が強いのに何でマッチングサイトをはじめたの?」「この子は秘密主義すぎてつまらない」と思われてしまう可能性も。せめて「アパレルの仕事をしています」「よく表参道でお買い物をします」など、大まかな職種や行動範囲は教えるべき。そこから親近感を持ってもらえて、話が弾むこともありますよ。

おわりに

マッチングサイトからの恋は、いかにメッセージで相手の気を引けるかが勝負。
出し惜しみをしたりせず、まずは単純に「楽しい」「会ってみたい」と思ってもらえる女性を目指しましょう。(和/ライター)

(愛カツ編集部)