20〜30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいる。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、兵庫県で不動産関係の仕事をしている今井五月さん(仮名・37歳)。きれいに手入れされている胸まであるロングヘアが良く似合う、目鼻立ちのハッキリとした美人です。服装はTシャツとジーンズながら、ややふくよかな体系が女性らしさを感じさせ色っぽさがあります。昔から間違いなくモテていたであろう、モテ女の余裕ある雰囲気も感じます。そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は兵庫県で、4歳下の弟との4人家族です。父は普通のサラリーマン、母親は専業主婦です。どちらかというと厳しかったと思います。高校時代も友達の家への泊まりもダメだったし、アルバイトも禁止でした。厳しいのは父より母のほうで、父は私にはとにかく甘かったです。母は弟のことが大好きでべったりでしたね。家族仲は良いですよ。今でも家族で旅行に出かけたりしていますから。私は両親とも大好きで、30歳過ぎまでは実家にいたんです。居心地が良すぎて、1人暮らしするのが遅れてしまいましたね」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「大学1年の時です。中学、高校時代は何もなかったです。高校時代には担任の先生に憧れていましたが、もちろん何もなく……。大学ではどうしてもデビューしたくて、ちょっと背伸びをして派手なグループに入りました。そのグループではコンパ三昧で、何回目かに参加したコンパで出会った人と付き合いました。彼は同い年で顔はまぁまぁ、たまたま隣の席にいた人だったんですが、コンパが終わった後も連絡が来るようになって、何度かデートを重ねてから付き合うようになりました。最初はそこまで好きじゃなかったんですが、会う度に好きになっていきましたね。でも、好きになればなるほど素の自分が出せなくて、甘えたりもできなくて、自分を作ってしまっていたと思います」

素の自分を見せられないまま、2年、3年と付き合いは続いて……

「彼とは一緒にいたいんですが、彼の家に泊まりにいってもちっともリラックスできないんです。彼と別れて、実家に帰ってから、たまった疲れがドッと出る感じでした。毎回週末には彼の家に泊まりに行くのがルーティンになっていたので、それがしんどかったですね。親には何も言われていないのに、『週末の半分は家族と過ごすこと』と勝手に家の決まりを増やしたりもしました。

ちゃんと好きなのに、なんでこんな感じなんだろうと悩んだりもしました。でも、別れたいとは思わなかったので、そのまま付き合っていくしかなかった。付き合いも3年以上になると、今さらしんどいとも言えないし、体がリラックスできないところとして彼を認識するようになってくるんです。彼と一緒にいるのは疲れる行為になっていました。ちゃんと好きなのに、です」

そのまま2人は大学を卒業。彼は大阪、五月さんはそのまま兵庫の企業に就職します。

「職場は不動産会社で、賃貸管理などを扱う部署に配属されました。仕事は覚えることも多かったですが、充実していました。彼は商業施設の建設を行なう企業に就職して、営業職だったので、私より忙しそうでした。彼はそのまま学生の頃から1人暮らしをしていたマンションから通っていたんですが、忙しいということで大阪に引っ越しすることになりました。前より会えなくなるのに、ホッとしたというか、少し嬉しかったんです。これでもまだ好きなんです。

そんなよくわからない感情を彼に持っていた時、職場の取引先の男性と出会いました。その人は15歳年上の既婚者で、顔は全然カッコよくなくて、お腹も出ていた中年男性といった感じだったんですが、なぜか喋っていると楽しくて、もっと仲良くなりたいと思ったんです。その人がうちの会社に来る度に、話しかけて少しずつですが仲良くなっていきました。そして、付き合っている彼のことを相談に乗ってもらうようになったんです。付き合った経緯や、しんどく思っていることなどすべて聞いてもらいました。その男性に話すことでストレス発散ができて、彼との付き合いもうまくいくようになったんですよ。でも、次第に彼よりその人との時間を大切にするようになってしまって……」

一回り以上年上の男性とのおしゃべりは楽しく、ファミレスで2〜3時間も話し続けることもありました。

彼との付き合いを続けながらも、大切になっていく15歳年上の男性との時間。2人を天秤にかけた時、それぞれの関係は大きく変化していきました。〜その2〜に続きます。