レジ袋の上にのせられたガの幼虫。スペイン科学研究高等会議が公開(2017年4月17日公開)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】プラスチックを食べるガの幼虫がレジ袋などのプラスチックごみによる世界的な環境問題への対策となるかもしれないとする今年4月に発表された論文に、ドイツの研究チームが15日、疑問を投げ掛けた。

 問題となっているスペイン・サンタンデール大学(University of Santander)のフェデリカ・ベルトッチーニ(Federica Bertocchini)氏らの研究論文は、ハチノスツヅリガ(学名:Galleria mellonella)の幼虫が消化器官でポリエチレンを化学的に生物分解すると結論付けていた。

 ポリエチレンはレジ袋や包装によく使われており、きちんとリサイクルされなければ環境に対する大きな脅威となる。

 しかしドイツ・マインツ(Mainz)にあるヨハネス・グーテンベルク大学(Johannes Gutenberg University)の研究チームは、ベルトッチーニ氏らの研究は「ポリエチレンが生物分解されたことの十分な証拠」を示していないと主張した。

 ヨハネス・グーテンベルク大学の研究チームの発表によると、ハチノスツヅリガの幼虫が消化器官内で酵素によってプラスチックを分解しているのか、それともメカニカルミリング(機械的粉砕)によってプラスチックを分解しているのかが明らかにされていないという。メカニカルミリングの場合プラスチックは化学変化を起こさずに排出される。

 ベルトッチーニ氏のチームは、実験室で押しつぶしたハチノスツヅリガの幼虫をプラスチックに塗ったところ、プラスチックがエチレングリコールに分解されたと報告した。

 しかしドイツチームは、ベルトッチーニ氏のチームの実験結果には「エチレングリコールに不可欠なシグナル」が抜け落ちていると述べた。

 ドイツチームは独自に行った実験で、卵黄とブタのひき肉を混ぜ合わせたものを使用し、ベルトッチーニ氏らの研究論文で主張されていたのと同程度の生物分解に何とか成功した。

 ドイツチームは「ほぼ不活性な合成ポリマーを生物分解するという試みは間違いなく極めて興味深い研究分野だが、この論文の方法論と結論には失礼ながら異議を唱えなければならない」と書いている。

 ドイツチームの論文はベルトッチーニ氏のチームの論文と同じく米科学誌カレント・バイオロジー(Current Biology)で発表された。

 ベルトッチーニ氏のチームはこれまでのところコメントの求めに応じていない。
【翻訳編集】AFPBB News