【詳細】他の写真はこちら

SKE48の須田亜香里が9月15日に放送されたAbemaTV『エゴサーチTV』#23に出演した。

“エゴサーチ”とはインターネット上で、自身の名前などを検索して自分自身の評価を確認する行為のこと。この番組は、“エゴサーチ”が得意なお笑いコンビ・キングコングの西野亮廣がMCを務め、毎週迎えるゲストと一緒に、ゲストに関する“エゴサーチ”をしながらインターネットで出てきた情報や噂などについて、嘘か本当かジャッジし、訂正していく1時間のトークバラエティ番組。

■須田の魔性な姿にキンコン西野がメロメロ。「亜香里ちゃん好きになる。抱ける」

オープニングで西野が「ブスで有名な須田亜香里ちゃんです」と紹介し、須田をスタジオに招くと、須田は「ブスと言われてますけど、ファンは怒りますよ!」と西野に指摘。

エゴサーチをする前にSKE48の握手会について西野が「どんな感じなのか?」と尋ねると、須田は「ちょっとやってみますか?」と握手会に行ったことがないという西野と実際に再現してみることに。

須田に手を握られ、握手会を疑似模様を体験した西野は「好きになるわ……ずるい」と、照れながら「これでCDが、あんな売れるわけね」と、握手会の威力に納得した様子だった。須田の魅力に圧倒された西野は「亜香里ちゃんを抱けると思った。この後飲みに言ったらイケる」と発言。須田は「そう思わすことが私の売りなんです」と話した。

■“握手会の女王”がファンとの握手会エピソードを披露。「1時間ずっと手を繋いで……」

SKE48の握手会のルールについて、CDが1枚の購入につき10秒の時間が設けられることが説明され、西野が「CDを1,000枚とか買っている人とかはどうするの?」と聞くと、須田は「最大経験したことがあるのは、500枚連続(でCDを買ったファンの方との対面)。1時間くらいずっと手を繋いでいました」と告白し、西野を驚かせた。

■「神7」須田が8年間書き続ける“ファン情報分析ノート“の存在とは

“握手会の女王”と言われる須田に対して、西野が「(ファンを)覚えているんですか?」と質問すると、「(その質問)きました!」と持参したノートを西野の前に差し出し、「8年くらいやっているので、全部で12冊くらいあるので一部なんですが……」と、ファンの情報を書いている“ファン情報分析ノート”について話し始めた。

「殴り書きなんですが、特徴や職業、年齢など書いています。もともとファンレターを持ち歩いていていたのですが荷物が多くて。キャリーバックいっぱいに持ち歩いていたら、母に“ノートに書き写しさない”と言われて…」と、ファンからの手紙の内容を要約して、ノートに写していることを明かした。実際にノートを見た西野は、「マジでこれはすごい!」と関心しながらノートを熟読していた。

■ファンからの仰天プレゼントは“真っ赤な下着上下”

また、番組中に須田の情報をネットで検索していると、「ファンに下着を贈られた」という須田自身の投稿がヒット。西野が詳細を尋ねると須田は「つい最近あったんです」と話し出し、事務所へ赤色の下着が送られたことを告白。「ただ、カップ数は違ったんです」と話し、笑いを誘った。

このほか放送内では、須田がアイドルの裏アカウント事情や自撮りテクニック方などアイドルの裏側を暴露する場面も。

この日の放送は、AbemaTVビデオにて視聴可能。見逃した人はぜひこちらで楽しもう。

(C)AbemaTV

番組情報



AbemaTV『エゴサーチTV』

毎週金曜日22:00〜23:00

放送チャンネル:AbemaSPECIAL

『エゴサーチTV』#23の視聴はこちらで

https://abema.tv/channels/abema-special/slots/96AKS2s65YurnT

須田亜香里 Twitter

https://twitter.com/dasuwaikaa

SKE48 OFFICIAL WEBSITE

http://www.ske48.co.jp/