樋口新葉【写真:giacomello foto】

写真拡大

ロンバルディア杯、自己ベストで2位…演技直前に転倒も「どうなってもいいや」

 フィギュアスケートのロンバルディア杯(イタリア・ベルガモ)は15日(日本時間16日)、女子フリーでショートプログラム(SP)1位の樋口新葉(日本橋女学館高)は143.37点をマークし、自己ベストの合計217.63点で2位に入った。演技直前の練習で転倒し、衣装が濡れてしまうというハプニングがありながら動じず。「どうなってもいいやくらいの気持ちで。打たれ強かった」と「心」の成長の跡を語った。

 樋口は安定したジャンプで着実に伸ばした。昨季の世界ジュニア選手権優勝のアリーナ・ザギトワ(ロシア)に218.46点で逆転優勝こそ許したが、合計217.63点は自己ベストをマークしてみせた。

「98点」と自己採点した樋口は「今までの試合からしたら、一番良かったと思うので98点。あとの2点はやっぱり、ショートの3-3の部分と細かいミスというか、もうちょっと上手くできたなっていう部分がある」と今大会の収穫と課題を語った。

 ハプニングにも動じなかった。

「本当に始まるまでは、すごく緊張していて、演技直前で転んでしまった」。しかし、そんな場面で精神的な強さを発揮。「タイツがビショビショになって、衣装がちょっと濡れていたんですけど、どうなってもいいやくらいの気持ちで。なので、逆に力が抜けて滑られた。それが、打たれ強かったかなと思う」。集中を欠いてもおかしくない状況で動じなかった成長の跡を振り返った。

2枠の平昌五輪へ決意「絶対行きたい。去年みたいな甘ったるい試合いけない」

「去年よりも周りのことを気にしないで、自分のことだけに集中して色んなことができるようになったかな」

 こう成長ぶりを語った一方、勝てなかったことには満足していない。「自分自身の滑りで今までの滑りからしたら、本当によくできたなっていう風に感じている」と語りながら「やっぱり勝てなかったので。ショートもフリーも自分の納得いく演技をして、今日と昨日以上に、いい演技をしたら、もうちょっと点数をもらえるかなと考えている。そこは課題」と表情を引き締めた。

 今季は平昌五輪を2枠という狭き門で争う。

「オリンピックは絶対行きたい。去年みたいな、甘ったるい試合にはしてはいけないなと考えているので、初戦からしっかり気を引き締めてやろうと思っていた。すごくいいスタートが切れたと思うので、次の試合で結果を超えられるようにしていきたい」

 並々ならぬ決意を示した成長著しい16歳。アクシデントにも動じず、今季の国際大会初戦からファンを魅了してみせた。