内田篤人はベンチ入りも出場せず…引き分けたウニオン・ベルリンは4戦未勝利《ブンデスリーガ2部》

写真拡大

▽15日、ブンデスリーガ2部のウニオン・ベルリンvsブラウンシュバイクが行われ、1-1のドローに終わった。ウニオン・ベルリンのDF内田篤人はベンチ入りを果たすも、出場機会はなかった。

▽前節、フォルトゥナ・デュッセルドルフに3-2で敗れ、3試合勝利から遠ざかっているウニオン・ベルリンと、同じく3試合連続ドローで白星から遠ざかっているブラウンシュバイクの一戦となった。

▽試合はホームのウニオン・ベルリンが攻勢をかけ、相手ゴールに迫る機会を多く作る。しかし、シュートこそ放つも精度を欠いてしまい、得点を奪うことができない。

▽ゴールレスで迎えた後半も、ウニオン・ベルリンが主導権を握り試合を進めていく。すると52分、ポルターの絶妙なスルーパスに反応したヘドルントが落ち着いて流し込み、ウニオン・ベルリンが先制する。

▽先制に成功したウニオン・ベルリンは、その後も攻勢をかけブラウンシュバイクゴールに迫る。しかし、この日は決定力を欠き追加点を奪えない。

▽ブラウンシュバイクも相手DFと入れ替わったアブドゥライがGK一対一のチャンスを迎えるが、シュートは枠外に。互いにチャンスを活かせないまま時間が進んでいく。

▽すると迎えた62分、カウンターからケリフィがボックス内左に侵入。そのまま仕掛けて中央へ折り返すと、最後はニュマンが詰めて、ブラウンシュバイクが同点に追いつく。

▽その後も互いにボックス内に侵入しシュートまで持っていけるものの、結局シュートが決まらないまま試合終了。1-1の引き分けに終わった。

ウニオン・ベルリン 1-1 ブラウンシュバイク

【ウニオン・ベルリン】

ヘドルント(後7)

【ブラウンシュバイク】

ニュマン(後17)