せっかくカップルになっても続かないで終わることが多いと感じる女性のあなたに、
長続きしているカップルの気遣いの秘訣を3つお伝えします。

秘訣1.尽くしすぎない

恋愛をすると女性の場合は、相手に尽くしてしまう人も多いです。
料理、家事、お弁当、プレゼントなど、
最初は男性も「自分のことをこんなに好きでいてくれる」と、
好感を持って接してくれるかもしれません。
しかし、それが相手にとって負担に感じられると、長続きしにくくなります。
さらに、自分がこんなに尽くしているのに……と見返りを期待してしまうと、
いずれは苦しくなるでしょう。
特に自由であることが好きな男性との付き合いでは、尽くしすぎないようにしましょう。

また尽くすことが間接的な束縛になる場合もあります。
「ウザい」と思われてしまうと逆効果になってしまいますので、
尽くすことはほどほどにしてみましょう。
尽くしたい人は、誕生日やクリスマスなどのイベントに合わせて大いに尽くしてみましょう。
記念日を利用してみるのもひとつの方法です。

秘訣2.相手を信頼している

長続きするカップルは、会わない時でもお互いが仕事や趣味などで満喫できていることが多いです。
べったり会いすぎないことで、付き合った当初の感情を継続でき、長続きさせることができます。
相手の活動に影響され、自分を高められる関係を築き上げるカップルになるでしょう。

会っていないと不安という人は、相手のことを信頼できていないのかもしれません。
寂しいからと何度もメールを入れるのは逆効果です。
付き合ったばかりだと不安になることもあるかもしれませんね。
そういう時は会った時に自分から「信頼している」ということを告げてみるのもよいでしょう。
恋愛にかかわらず信頼することは人間関係を築く上でも大切ですね。
長く続くことで信頼関係もできてきますので、最初は相手を信じてみることから始めてみましょう。

秘訣3.会いたい人と思わせる

ドラマや映画を見たときに、To be continued……と終わりに出る時がありますね。
その時に次回が観たくてワクワクしたことはありませんか。
恋愛でも同じで、デートの別れ際に「次はどんな展開が待っているのだろう」と、
相手に思わせることができれば続きやすくなります。
これは毎回何かのサプライズをしなければならないということではありません。
また会いたい人と思ってもらえるような気配りが大切なのです。

会っている時の表情や行動など、あなたの素を相手は意外と見ているものです。
たとえばデートで困ったことがあったら男性任せにせず、
サポートをしたりする姿は好感が持てるでしょう。
荷物を持ってもらうのが当たり前、おごってもらうのは当たり前という態度では、
相手も負担に感じてくることがあるかもしれません。
きちんとお礼を言うなど基本的なマナーは忘れずに接しましょう。
また会いたい人になることを目指してみましょう。

おわりに

以上3つをお伝えしましたがいかがでしょうか。
どのような恋愛でも、長続きさせるのにはある意味で努力が必要です。
長く続いているカップルほどお互いを思いやり、
付き合いの長い関係を保っていることでしょう。
せっかくの出会いを短く終わらせるのか、
長く実らせるかは気遣いによって大きく変わると言えるでしょう。