東京・本郷の東大球場で練習に励む東大野球部の選手たち。数年前に比べて、筋肉質な選手がめっきり増えた。その背景には、どのような理念があるのか(撮影:尾形文繁)

甲子園に棲むという魔物は、大学野球の聖地・神宮球場にも棲んでいる。魔物は東京六大学リーグで東大が試合終盤まで接戦を演じているときに顔を出す。神宮球場は東大が勝つのではないかという期待感と、東大に負けるわけにはいかないという危機感につつまれる。

戦力では圧倒的に勝るはずのリーグ内の他校の選手たちは「東大相手に接戦になると、スタンドがざわつくので戦いにくい」と口を揃える。東大を率いる浜田一志監督は「お互いが100%の力を出し合ったら勝てない。接戦に持ち込んで相手に『このままではヤバい』と思わせれば、ミスを誘い、勝機が訪れる」と言う。

「あわや」と思わせないと、相手のミスは誘えない

東大は2015年春の法大1回戦に勝って連敗を94で止めると、同秋も1勝。2016年春には12年ぶりにシーズン3勝すると、同秋も1勝。今春のリーグ戦では白星を手にすることはできなかったものの、「シーズン1勝」には何の驚きもなくなった。彼らの現在の目標は「1勝」ではない。勝ち点奪取と最下位脱出である。

2012年11月、当時46連敗中だった東大の監督に就任した浜田監督は、いかにしてチームを勝利に導いたのか。指揮官は、戦力差が大きいリーグ内の他大学に勝つための前提として「体力」を挙げる。

「例えば打撃なら、東大の打者が芯でとらえても打球が外野の頭を越えないようでは、相手投手もコントロールをミスしません。人がミスをするのは『ひょっとしたら』という気持ちがあるとき。ミスを誘うには『コースを間違えたら持っていかれる』と相手に思わせるだけのパワーをつけなければなりません」

現在、東大の選手たちは個人別に目標体重を決め、「1日に白いご飯を何グラム食べる」など食事の量を管理しながら、ウエイトトレーニングなどで体を作っている。

指揮官が次に挙げるのが「基本技術の習得」だ。塾の経営者でもある浜田監督は、こう説明する。「東大の入試問題も教科書から作られる。教科書をきっちりおさえていれば、ある程度の点は取れるものです。野球でもそれは同じですよ」。

例えば守備なら取れるアウトを一つひとつ積み重ねていく。1点を取られてもいい場面なら、無理な前進守備を敷かず、2点目を防ぐことを考える。当たり前のこと、できることを確実にやればいい。ファインプレーが求められるわけではない。

浜田監督によると、基本技術を習得するには「4つのT」という段階がある。

Trace お手本をマネする

Training 何度も繰り返す

Think 自分に合うかどうか、なぜ合う(合わない)のか考える

Teach 人(後輩)に教える

「練習でできても、試合でできないようでは基本を習得したとはいえない。それはまだ自分だけがこなしている段階。後輩に教えられるようになって、はじめて基本が習得できたと言えます」(浜田監督)

「頭脳プレー」では力の差を埋められない

東大が勝つためには、頭脳という強みを生かして相手の裏をかくような奇襲戦法を仕掛けるのが近道だと思いがちだ。だが、浜田監督の取り組みは極めてオーソドックスである。

東大は2010年秋の早大2回戦から2015年春の立大2回戦まで94連敗を喫していた。連敗中にはファンやOBから「東大は相手に真っ向からぶつかっても勝てないんだから、頭脳を生かして戦ったらどうか」というアドバイスをもらうことが多かったという。しかし、現在のチームで主将を務める遊撃手の山田大成(教育学部4年・桐朋高校出身)は自分の体験からこの考え方を否定する。

「1年の春、リーグ戦で初めて出場した試合(早大1回戦)で、早稲田の中村さん(奨吾、現千葉ロッテ)が左中間へソロ本塁打を打ったんです。それをベンチから見ていて、スイングの速さなどに、まったく違うスポーツをやっているんじゃないかというくらいの衝撃を受けました。その差は頭脳プレーで埋まるようなものではありません。その試合でリーグワースト記録を更新する71連敗を喫したのですが、がっぷり四つに組んで勝負できるようにならないと連敗は止まらないと思いました」


浜田一志監督のアドバイスに耳を傾ける山田大成主将。山田主将は「『頭脳プレー』と言う前に、まず単純な野球そのものの力でぶつかれるところまでいかないと、勝てない」と話す(撮影:尾形文繁)

山田は94連敗中、「1度も勝てていないこのチームでやっている練習は、本当に勝利に向かっているのかという不安があった」と打ち明ける。

しかし、「より強く振る」「より強い球を投げる」「より速く走る」といった根本的な能力を向上させることが勝利に直結すると考え、ウエイトトレーニングや基本練習を繰り返した。

なかでも山田が取り組んできたのは「より強く振る」ことだ。「もちろん、『この投手はこのカウントではこの球を投げてくる』といった対策もします。でも、直球を打ち返せないのに対策ばかりに力を入れても意味はありません」と山田は断言する。

2015年春に連敗を止めた法大1回戦では7回に1度逆転されたが、8回に追いつき、延長に入って勝ち越して6対4で勝った。山田はその試合を振り返る。「浜田監督の指導で基本を反復してきたという自負があったので、逆転されてもズルズルいかず、『取り返そう』と踏ん張れた。あの1勝で、自分たちがやってきたことが勝利につながると確認できました」。

「彼らには努力を続ける才能がある」

浜田監督は言う。「今は10試合に1度勝てるペース。でも、彼らにとっては大きな結果なんです。94連敗中は暗闇のなかにいたけど、今はこうすれば結果が出るという階段が見えています。だから選手たちはモチベーションを保ち、努力を続けられる。彼らには努力を続ける才能があるんですよ。見た瞬間に問題が解ける天才ではない。ほとんどの東大生は問題が解けるまで努力を続けてきたんです。受験勉強では参考書をコロコロ変えても結果が出ないことが多い。これと決めた一冊を最後までやり切り、それを何度も繰り返す方が力がつく。野球も同じ。やり続けることが大切なんです」。

浜田監督はこうして個人のレベルアップを図りながら、チームとしては「4対3」で勝つ野球を目指している。

「ロースコアの接戦が大前提。1対0で勝つこともあるかもしれませんが、そこを目指してチーム作りをするのは現実的ではありません。『4対3』がウチが勝つスコアだと想定しています」

2015年春以降に東大が勝った6試合のスコアを見てみよう。

2015年春 法大1回戦 6対42015年秋 法大1回戦 5対22016年春 明大2回戦 3対2
立大1回戦 4対0
法大1回戦 4対12016年秋 立大1回戦 4対3

同点もしくは僅差で終盤を迎えた試合が多く、4試合が4点以上取り、3点以内に抑える接戦での勝利である。

四死球による自滅を避ける

投手を含めた守りで、3点以内に抑える。指揮官はまず守備を鍛えた。例えば2015年の春季キャンプでは内野のボール回しで「10周55秒以内」などタイムを設定。それをクリアするまで1時間でも2時間でも繰り返すなど、基礎を徹底してきた。

その成果で過去5シーズンの1試合あたりの失策は0.84個と、守備の不安はなくなった。今、失点を少なくする鍵を握るのは投手陣。与える四死球を減らすことにある。

これは東大に限ったことではないが、四死球が多いシーズンは失点(自責点)も多い。東大がシーズンに3勝を挙げた2016年春は1試合あたりに与えた四死球が5.95個で、チーム防御率は6.27だった。全敗した今春は1試合あたり9.32個もの四死球を与え、チーム防御率は8.58。先頭打者に四球を与え、失策が絡んで進塁を許し、適時打を打たれる――そんな悪循環が目立った。

そのため夏の間、東大の投手陣は「一死三塁の状況を作られたら負け」という緊張感を持ちながら、四球で無駄な走者を出さず、試合をコントロールできるように練習してきた。

東大のエースで150キロ左腕として今秋のドラフト候補にもあがる宮台康平(法学部4年・湘南高校出身)は投手陣がやるべきことをこう語る。

「頭脳を使って相手打者と駆け引きできるのは、すべての球種を思い通りに投げられるいい投手。僕らはTVゲームでならそれができますが、自分の体ではできません(笑)。まずは直球をしっかり投げること。そのうえで変化球で緩急をつけるなど、できることを増やしていかなければなりません」

平均得点は2点、「+2点」をどう実現するか

打線がいかにして4点を取るか。過去5シーズンの1試合あたりの得点は1.98点。「より力強く振る」ことを突きつめてきた成果で、2点を奪えるところまではきている。あと2点を上積みするためには、機動力を使った攻撃がポイントとなる。そこで、この夏は確実に走者を進める打撃や送りバント、走者三塁から内野ゴロで1点を奪う走塁の練習などを繰り返してきた。

今季のリーグ戦が開幕する前、浜田監督は「4対3での勝利は見えてきました。選手たちの能力としても、それが可能なチームだと思っています」と手応えを口にしていた。


練習を総括する浜田一志監督。浜田監督は「自滅せずに相手のミスを誘えるかどうかが、勝つ上でポイントになる」と話す(撮影:尾形文繁)

9月9日、リーグ戦が開幕。東大はこの春59年ぶりに大学日本一になった立大を相手に4対1、8対1と連敗した。昨秋のリーグ戦から数えて16連敗中だ。それでも彼らはブレずに「4対3」を目指す。

勝つかどうかだけではなく、どう勝つか。これからの東大の戦いぶりを見守りたい。