伝統のミラノ・ダービー、開催1カ月前でチケット完売 伊メディア「すでに在庫切れ!」

写真拡大

10月15日のインテル対ミラン、発売日に一般販売分が完売

 ともに“チャイナ・マネー”を得た者同士の対戦となる伝統のミラノ・ダービーが、大きな注目を集めている。

 イタリアのセリエAでは、インテルとACミランによる今季の“ミラノ・ダービー”初戦が10月15日に組まれているが、現地時間15日、試合から1カ月前のチケット発売日にして一般用のチケットが完売したという。イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」が報じている。

 記事では、ホームとなるインテルのクラブショップにあるチケット売り場に長蛇の列を作るサポーターの写真とともに、「フィーバーするダービー、サン・シーロはすでに在庫切れ!」とレポート。インテルは約3万枚のシーズンチケット売り上げがあるが、残りの席種もすでに完売したという。現時点では、非公式に取引されるスポンサー企業向けのインナーチケットが、高値での争奪戦になっているとされた。

 インテルは昨季から中国企業の蘇寧グループに株式の約70%を売却。ミランは昨季終盤に株式99.9%を中国の投資家に売却。名実ともに“チャイナ・タウン”となったミラノでのダービーは、早くも盛り上がりを見せている。

 特にミランは今夏の移籍市場でイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチ、トルコ代表MFハカン・チャルハノール、ポルトガル代表FWアンドレ・シウバといった大型補強に打って出て、サポーターの期待感を高めている。

1試合での現金収入の最高記録を更新か

 また、これによりインテルは自身が持つセリエAにおける1試合での現金収入の最高記録を更新する可能性が高まっているという。インテルは昨年9月のユベントス戦で394万3518ユーロ(約5億2000万円)のレコードを作ったが、1年と少しでその記録を更新する情勢だという。

 インテルはルチアーノ・スパレッティ監督の下で、リーグ開幕3連勝とスタートダッシュに成功。一方のミランは強豪ラツィオに大敗したものの、2勝1敗の成績を残し、UEFAヨーロッパリーグでは開幕戦に5-1で大勝している。1カ月後の順位は分からないが、上位対決の大一番となる可能性は小さくない。

 ユベントスと合わせて“北の3強”と呼ばれるミラノ勢も、ここ4シーズンは4位以下に低迷し、ローマやナポリに3強の席を埋められている。ともにミラノ勢の復権が注目されている同士とあり、地元ミラノのサポーターたちも今季に懸ける期待は大きい。超満員が確定的なサン・シーロで、インテルの日本代表DF長友佑都がスタメンを勝ち取れるかどうかにも注目したいところだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images