家長がさらにフィットしてくれば、フロンターレはもっと怖さを与えられるチームになるはずだ。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 ACLの準々決勝ではレッズを相手に、フロンターレは手痛い逆転負けをくらってしまったね。悔しいだろうけど、大事なのはこの敗戦を引きずらないこと。気持ちを切り替えて、目の前の試合に集中してほしい。
 
 アジアの頂点を目指す戦いは終わったとはいえ、まだリーグ、ルヴァンカップ、天皇杯と3つのタイトル獲得の可能性が残されている。今季のフロンターレの戦いぶりを見れば、いずれかで優勝できるのではないかと、期待せずにはいられないんだ。
 
 リーグ戦では前節、堅守で鳴らすマリノスから3ゴールを奪って完勝を収めた。マリノスが3失点するのは今季初。それを考えても、フロンターレの魅力がその厚みのある攻撃力にあるのは間違いない。
 
 もっとも、守備が脆いわけではない。たしかにレッズ戦では4失点したけど、マリノス戦では、敵のカウンターアタックのキーマンである齋藤の突破をことごとく止めて、無失点に抑えてみせた。
 
 理由は、ボランチの大島が立ちはだかったから。素早く攻守を切り替えて、的確なカバーリングを見せる。センスのあるラストパスや巧みなゲームメイクに定評がある大島だけど、中盤で“門番”となる働きぶりも見逃せない。
 
 相手が前に出てこれないような場所にすっと動くポジショニングも秀逸だ。パッと見は分かりにくいかもしれないけど、ほんの数10センチの移動が守備面で大きな効果を生み出していると思う。また、ボールを奪っているのは中央に陣取る大島だとしても、サイドを固めて相手を中におびき寄せるような組織的な守り方も機能しているよね。
 
 この大島を含めて、憲剛、家長、小林、阿部、ネットらのテンポの良いパスワークは、本当に淀みがない。リーグ最少失点の守備力を持つマリノスが奪いにかかっても軽くあしらわれるぐらいだから、相当に精度が高いんだろうね。
 
 コンパクトかつ抜群の距離感で形成されるポゼッションにおいて、絶妙なアクセントになっているのが家長だ。高いキープ力で簡単に奪われず、そこで時間を作れるし、相手を食いつかせられれば、周りの選手がフリーになれる。
 
 サイドで起用されているけど、タッチライン際に張るわけでなく、少し絞り気味にポジションを取って、味方との連動したアクションを試みる。中からのこの崩しを相手がケアしてくれば、今度は大外からエウシーニョが切り込んでいく。
 
 ここ1か月でようやく存在感を出してきた家長が、さらにチームにフィットしてくれば、フロンターレはもっと怖さを与えられるチームになると思うよ。

【PHOTO】敵の戦意を喪失させる小林悠の豪快ミドル