本格的なスパーリングを開始した村田諒太

写真拡大

 ◇WBA世界ミドル級タイトルマッチ 王者アッサン・エンダム≪12回戦≫同級1位・村田諒太(2017年10月22日 両国国技館)

 5月の王座決定戦で不可解な判定負けを喫したエンダムとの再戦に臨む村田が都内で本格的なスパーリングを開始した。この日は元メキシコ・ミドル級王者ルナ(メキシコ)と3ラウンドを行った。

 パートナーは前回と同様、ルナとWBC米大陸スーパーウエルター級王者デイ(米国)を招へいした。村田は再戦のエンダムの戦い方を「前半はそれなりに打ち合っても、最終的には足を使う本来のスタイルになる」と予想。スパー前半はパワーのルナ、後半は速さのデイと手合わせする“両面作戦”で対策を積む考えを示した。

 今回は至近距離でのショートパンチを磨くほか、前回はスパー開始時にはやめていた高強度のインターバルトレを試合直前まで週1回のペースで行う予定だ。こちらもトレーニング2つを並行させる“両面作戦”で「皆さんが望む完全決着」を目指す。