秘密基地──。この言葉の響きに心が踊るのは、きっと僕だけではないはず。オトナになっても、いや、むしろオトナになったからこそ、現実から逃避できたり、誰にも邪魔されない特別な空間が必要なのかもしれない。

イーストロンドンのリージェント運河沿いに建築された「H-VAC」は、まさに、オトナの秘密基地。パッと見は、空気ダクトにしか見えない。しかし、内部にはロフトのような空間が広がっている。

秘密基地への憧れは、どうやら万国共通のようだ。

128の提案から選ばれた
ベストソリューション

このH-VACは、ロンドンに拠点を置くデザインスタジオのPUPが手がけたもの。同社の強みは、社会や環境に配慮した建築デザインにある。

今回のプロジェクトは、The Architecture Foundationがオーガナイズするロンドンの建築コンペティションで優勝したもの。課題になったのは、都市での代替生活。それを遊び心のあるデザインでクリアして、じつに128もの提案の中から選ばれたそうだ。

ビルの屋上に設置されたフェイクの空気ダクト。これは、NYの有名な給水塔をモチーフにしたものなのだとか。

■外観

シルバーに輝く外壁は、飲料水の廃棄素材。それが、まるで蛇のように曲がりくねった構造を可能にしている。

■内装

内部は、ちょっとした迷路のよう。

ロフトのような上階へのアプローチ。ツリーハウスのような印象もある。

上階には、ロングチェアーが2つ設置されている。目隠し部分からは、柔らかな光が差し込む。外の運河を眺めていたら、時間の経つのを忘れてしまいそうだ。

ビルの最上階と屋上は、増設した階段によって結ばれている。どこまでも秘密基地っぽい。

H-VACは、先月はじめに一般公開されたようだ。今後は、歴史的な建造物や優れた建築が一般に公開される「Open House London」で、再びオープンになる予定。9月16日、17日にロンドンに立ち寄る予定がある人は、ぜひ、このオトナの秘密基地を体験してみてもらいたい。

Licensed material used with permission by PUP Architects